“ショーンK騒動”で疑問 テレビ局「身体検査」の実態は?

公開日: 更新日:

 波紋が広がっている経営コンサルタント、ショーン・マクアードル川上氏(47)の経歴詐称問題。イケメンコンサルの“素顔”には驚いたが、それと同時に、疑いもせず番組出演させていたテレビ局にもビックリだ。コメンテーターを起用する場合、テレビ局は“身体検査”をしないものなのか。医者や弁護士などの文化人コメンテーターを多数擁するあるプロダクション幹部が言う。

「キャスティングをお願いする際は我々がタレントの経歴書を持参するわけですが、その内容について後日、テレビ局から“調べたところ、経歴は本物でしたね”と言われたことは、これまで一度もありません。つまり、プロダクションが持ち込んだ経歴書はそのままうのみにしているということです。すでに他局が使っている人を二番煎じで使う場合はなおさら疑問にも感じないでしょう。その代わり、事務所はキッチリとチェックします。特にテレビ局とつながりの深い大手プロは、ほかのタレントにも影響が及びますので、慎重に調べるはずです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    黒島結菜が22年NHK朝ドラ主演 ラブコメに起用されない理由

  3. 3

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  4. 4

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  5. 5

    「天国と地獄」高視聴率の裏に高橋一生“しなやかマッチョ”

  6. 6

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  7. 7

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  8. 8

    米国進出の渡辺直美は大成功する公算大 竹内結子の後輩に

  9. 9

    3.25聖火リレーに大逆風…スタートの福島は感染状況が深刻

  10. 10

    香川真司がギリシャで“戦力外”の深層 移籍7試合目で初先発

もっと見る