“ショーンK騒動”で疑問 テレビ局「身体検査」の実態は?

公開日:  更新日:

 波紋が広がっている経営コンサルタント、ショーン・マクアードル川上氏(47)の経歴詐称問題。イケメンコンサルの“素顔”には驚いたが、それと同時に、疑いもせず番組出演させていたテレビ局にもビックリだ。コメンテーターを起用する場合、テレビ局は“身体検査”をしないものなのか。医者や弁護士などの文化人コメンテーターを多数擁するあるプロダクション幹部が言う。

「キャスティングをお願いする際は我々がタレントの経歴書を持参するわけですが、その内容について後日、テレビ局から“調べたところ、経歴は本物でしたね”と言われたことは、これまで一度もありません。つまり、プロダクションが持ち込んだ経歴書はそのままうのみにしているということです。すでに他局が使っている人を二番煎じで使う場合はなおさら疑問にも感じないでしょう。その代わり、事務所はキッチリとチェックします。特にテレビ局とつながりの深い大手プロは、ほかのタレントにも影響が及びますので、慎重に調べるはずです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る