ショーンK騒動でフジ大揺れ 亀山社長の進退問題に発展も

公開日: 更新日:

 降ろせば済む話ではなさそうだ。「週刊文春」最新号のスクープで発覚した経営コンサルタント、ショーン・マクアードル川上氏(47)の経歴詐称。フジは春改編の目玉としてブチ上げた平日深夜の報道情報番組「ユアタイム~あなたの時間~」(4月4日スタート)のメーンキャスターに川上氏を抜擢したが、同誌発売当日に即、降板を発表した。本人から出演自粛の申し出があり、意思を尊重した形だという。しかし、フジ局内はそんな奇麗事では済まないテンヤワンヤの大騒動に発展しているという。

「担当部署は『ユアタイム』のスポンサーから“どうなってるんだ!”といったお叱りの抗議を受け、対応に追われまくっている。中にはスポンサーを降りると言い出す企業もあったようです。本人の意思うんぬんというより、どのみち降板しか選択肢はなかったでしょうね」(フジ社員)

 もとをただせば、自局の「とくダネ!」で顔と名前を売った男である。人を見る目のなさを悔やんでも遅いが、「ショーンと一緒に司会を務める予定だったモデルの市川紗椰の“身辺調査”を行う事態にまで発展。『本当に早稲田を卒業しているのか?』などと学歴の洗い出しを行っている」(フジ関係者)というから、市川はいいとばっちりである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    黒島結菜が22年NHK朝ドラ主演 ラブコメに起用されない理由

  3. 3

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  4. 4

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  5. 5

    「天国と地獄」高視聴率の裏に高橋一生“しなやかマッチョ”

  6. 6

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  7. 7

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  8. 8

    米国進出の渡辺直美は大成功する公算大 竹内結子の後輩に

  9. 9

    3.25聖火リレーに大逆風…スタートの福島は感染状況が深刻

  10. 10

    香川真司がギリシャで“戦力外”の深層 移籍7試合目で初先発

もっと見る