• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

異例の更迭に社員ア然 フジテレビ“実力よりコネ”の末期症状

 3月1日付で発令された“トンデモ人事”にお台場では「自爆行為だ」とブーイングの嵐が吹き荒れている。

「時期も異例だが、その内容は異例中の異例」(フジ関係者)と話題になっているのは、同局の人気バラエティー番組の陣頭指揮を執っている女性チーフプロデューサーA氏の実質的な“更迭”人事だ。

 A女史は「SMAP×SMAP」の総合演出を手がけるほか、現在は「ホンマでっか!?TV」「アウト×デラックス」「さんまのお笑い向上委員会」「関ジャニ∞クロニクル」などを取り仕切る同局バラエティー班の中心的存在。低視聴率に喘ぐフジの中でも結果を出す数少ない人材として一目置かれているという。

 だが、今回の人事で編成制作局バラエティ制作センターのゼネラルプロデューサーの職を解かれ、同センターのデスク担当部長に就任。部長といえば聞こえはいいが、要は現場を追い払われて、国際開発局事業開発部、編成業務部、放送文化推進局視聴者総合センターの仕事も兼務する管理職になるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  3. 3

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  4. 4

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  5. 5

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  6. 6

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  7. 7

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  8. 8

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  9. 9

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  10. 10

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

もっと見る