緊迫する撮影現場を和ませた 神田正輝の“自虐ヅラトーク”

公開日: 更新日:

「こんなにあたふたする現場はめったにない。最初から最後までシッチャカメッチャカでした」(NHK関係者)

 31日に最終回を迎える連続ドラマ「クロスロード」(NHK・BSプレミアム、木曜21時)のこと。石原プロモーションの二枚看板、舘ひろし(65)と神田正輝(65)のダブル主演が話題になった。25年前に起こった事件をめぐり、舘演じる担当刑事と神田演じる新聞記者がふたたび対峙するオリジナルの脚本で、

「最近の刑事ドラマは主人公の特殊な能力で事件を解決させるといった奇抜な設定が多い中で、『クロスロード』はいい意味で昭和の時代を感じさせる男くさい作品。ドンパチなしの石原軍団ドラマで、事件の本質を描くために犯行心理に迫ったり、主人公の家族模様、BGMの使い方ひとつとっても哀愁を感じさせます」(放送ライターの堀江南氏)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  5. 5

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  6. 6

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  7. 7

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  8. 8

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  9. 9

    巨人セ首位固めの裏で着々と進む 阿部慎之助の“入閣準備”

  10. 10

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る