日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

細川ふみえも告白 “美容整形カミングアウト”なぜ増えた?

 タレントの細川ふみえ(44)が美容整形をカミングアウトして話題になっている。告白したのは7日放送のフジテレビ系「ノンストップ!」。実は昨年12月、同番組のスタッフを引き連れて整形外科を訪れ、ウルトラリフトといわれる施術を受けていた。

 その結果について7日の放送では「ピンッて後方に引っ張ってもらっているようなサポート感がある。鏡を見るたびに気分がいい」とご満悦だったが、実は過去にも自らの整形をカミングアウトした芸能人の例は意外に多い。

「08年に亡くなった飯島愛(写真左)は00年に出版した自叙伝で胸や顔などの整形手術を赤裸々に告白していたし、グラドルの森下悠里(写真右)も13年にテレビ番組で“彼氏にスッピンが見せられないから”などと整形をブッチャけています。美人女医で人気の西川史子もかつてテレビ番組でボトックス注射を打っていることをあけすけに語っているし、人気モデルの押切もえも、顔面とは違いますが、足指リングでO脚矯正したことを自身のサイトで報告しています」(芸能プロ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事