両者は否定 三船美佳&神田正輝の熱愛は本当に“大誤報”か

公開日: 更新日:

「週刊誌、見てきたような嘘を書き」

 昔、こんな言葉で揶揄された時代があった。例えば熱愛――。番組共演や食事している現場など2人の接点だけでオーバーに「熱愛」と報じる。結果、仲のいい友達。言われても仕方ない面もあった。今は通用しない。「熱愛」を裏付ける確かな証拠が求められる時代。写真誌における現場写真である。

 近年、元日はスポーツ紙の芸能スクープ合戦が熾烈を極めている。今年は例年よりも多い、10本以上の大小さまざまなスクープが並んだ。「これで熱愛?」と疑いたくなるような記事もあったが、スポニチの「神田正輝三船美佳」の熱愛記事は具体的な現場を捉えたもので、説得力があった。写真こそないが、特に三船の行動が克明に記されていた。

 記事によれば、「旅番組での共演をきっかけに三船が神田に離婚の相談をしているうちに親密になった」という。熱愛が事実なら32歳の年の差も驚きだが、夫婦関係は破綻しているとはいえ、三船がいまだに高橋ジョージとの離婚裁判が決着していない時点での新恋人は裁判に影響しないとも限らないし、なによりも三船のイメージに影響する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    あとで困る?故人の銀行口座から貯金を引き出す際の注意点

  4. 4

    「ドクターX」制作未定 “ポスト米倉”は内藤剛志&金田明夫

  5. 5

    検察悩ます黒川氏賭けマージャン告発 不起訴なら非難囂々

  6. 6

    米倉涼子の大誤算…テレビ出演オファーはゼロで舞台に活路

  7. 7

    これぞ波瑠の神秘性?主演ドラマに不満アリも心はガッチリ

  8. 8

    解散・総選挙を打つ力もない安倍総理は早々に見限られる

  9. 9

    派遣社員の雇い止めに続き 12月には正社員の解雇が本格化

  10. 10

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

もっと見る