両者は否定 三船美佳&神田正輝の熱愛は本当に“大誤報”か

公開日: 更新日:

「週刊誌、見てきたような嘘を書き」

 昔、こんな言葉で揶揄された時代があった。例えば熱愛――。番組共演や食事している現場など2人の接点だけでオーバーに「熱愛」と報じる。結果、仲のいい友達。言われても仕方ない面もあった。今は通用しない。「熱愛」を裏付ける確かな証拠が求められる時代。写真誌における現場写真である。

 近年、元日はスポーツ紙の芸能スクープ合戦が熾烈を極めている。今年は例年よりも多い、10本以上の大小さまざまなスクープが並んだ。「これで熱愛?」と疑いたくなるような記事もあったが、スポニチの「神田正輝三船美佳」の熱愛記事は具体的な現場を捉えたもので、説得力があった。写真こそないが、特に三船の行動が克明に記されていた。

 記事によれば、「旅番組での共演をきっかけに三船が神田に離婚の相談をしているうちに親密になった」という。熱愛が事実なら32歳の年の差も驚きだが、夫婦関係は破綻しているとはいえ、三船がいまだに高橋ジョージとの離婚裁判が決着していない時点での新恋人は裁判に影響しないとも限らないし、なによりも三船のイメージに影響する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

  10. 10

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

もっと見る