両者は否定 三船美佳&神田正輝の熱愛は本当に“大誤報”か

公開日: 更新日:

「週刊誌、見てきたような嘘を書き」

 昔、こんな言葉で揶揄された時代があった。例えば熱愛――。番組共演や食事している現場など2人の接点だけでオーバーに「熱愛」と報じる。結果、仲のいい友達。言われても仕方ない面もあった。今は通用しない。「熱愛」を裏付ける確かな証拠が求められる時代。写真誌における現場写真である。

 近年、元日はスポーツ紙の芸能スクープ合戦が熾烈を極めている。今年は例年よりも多い、10本以上の大小さまざまなスクープが並んだ。「これで熱愛?」と疑いたくなるような記事もあったが、スポニチの「神田正輝・三船美佳」の熱愛記事は具体的な現場を捉えたもので、説得力があった。写真こそないが、特に三船の行動が克明に記されていた。

 記事によれば、「旅番組での共演をきっかけに三船が神田に離婚の相談をしているうちに親密になった」という。熱愛が事実なら32歳の年の差も驚きだが、夫婦関係は破綻しているとはいえ、三船がいまだに高橋ジョージとの離婚裁判が決着していない時点での新恋人は裁判に影響しないとも限らないし、なによりも三船のイメージに影響する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  6. 6

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  7. 7

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  8. 8

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  9. 9

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  10. 10

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

もっと見る