ファン層広がらず 目標下回った「スター・ウォーズ」新作

公開日: 更新日:

 昨年の12月から公開されていた「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」が先週の3月25日、全興行を終了した。以降、同作品の全国での上映は一切行われない。映画が今回のように終了時が一斉というのは非常に珍しい。

 結果、最終の興行では動員が736万9000人、興収が115億3000万円を記録した。110億円を超えたのは邦画と洋画を合わせ、2000年以降では16本目に当たる。

 数字だけを見れば、文句なしのメガヒットとはいえる。だが、「スター・ウォーズ」という抜きんでた強力シリーズものの新作とすれば、メガヒットと浮かれているわけにはいかない。

 本作は新シリーズ第1弾だが、前シリーズの最初の作品「スター・ウォーズ/エピソード1 ファントム・メナス」(99年)は興収127億円を記録している。今回は当然、その数字がひとつの目標だったが、到達しなかった。

 ある配給関係者は「スター・ウォーズ」シリーズは動員、波及力、話題性などの点で最大規模を誇る「サブカルチャー」ではないかと言う。これまでのシリーズにこだわりを持って見てきた多くの人たちが、今回もまた客層の中心だったからだ。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  2. 2

    菊池風磨、亀梨和也は結婚も? スピリチュアル霊能者が2024年芸能界下半期をズバリ占う!

  3. 3

    巨人・桑田真澄二軍監督が「1人4役」大忙し…坂本勇人を感激させた“斬新アドバイス”の中身

  4. 4

    町田ゼルビア黒田剛監督は日本サッカー界の風雲児か? それともSNSお祭り炎上男か?

  5. 5

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  1. 6

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  2. 7

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    指原莉乃が筆頭、元“神7”板野友美も参入 AKB48卒業生のアイドルプロデュースが増加する背景

  5. 10

    「サマージャンボ宝くじ」(連番10枚)を10人にプレゼント