ファン層広がらず 目標下回った「スター・ウォーズ」新作

公開日:  更新日:

 昨年の12月から公開されていた「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」が先週の3月25日、全興行を終了した。以降、同作品の全国での上映は一切行われない。映画が今回のように終了時が一斉というのは非常に珍しい。

 結果、最終の興行では動員が736万9000人、興収が115億3000万円を記録した。110億円を超えたのは邦画と洋画を合わせ、2000年以降では16本目に当たる。

 数字だけを見れば、文句なしのメガヒットとはいえる。だが、「スター・ウォーズ」という抜きんでた強力シリーズものの新作とすれば、メガヒットと浮かれているわけにはいかない。

 本作は新シリーズ第1弾だが、前シリーズの最初の作品「スター・ウォーズ/エピソード1 ファントム・メナス」(99年)は興収127億円を記録している。今回は当然、その数字がひとつの目標だったが、到達しなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る