• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

オスカー女優が渾身濡れ場…映画「キャロル」の迫真演技

 アカデミー賞授賞式を今月28日に控え、レズビアン映画「キャロル」(英米仏、118分)の激しい濡れ場が話題になっている。

「太陽がいっぱい」で知られる往年のミステリー作家パトリシア・ハイスミスの同名原作をトッド・ヘインズ監督が映画化。保守的だった50年代のニューヨークを舞台に、夫と離婚調停中の貴婦人キャロルと、デパート店員テレーズの許されぬ愛を描いた恋愛ものだ。

 キャロルを演じるケイト・ブランシェット(46)、テレーズ役ルーニー・マーラ(30)がそれぞれアカデミー主演女優賞、助演女優賞にノミネート。映画批評家の前田有一氏もその体当たり演技を絶賛する。

「疎外感にさらされていた2人が互いを思いやるベッドシーンは映画史上屈指の名場面です。両者とも全裸をさらして絡みあい、下半身を口で愛撫するショットまである。抜群のスタイルで知られる30歳のルーニーはともかく、46歳のケイトには勇気がいるシーンでしょうが、実に堂々としていました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  2. 2

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  5. 5

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  6. 6

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  7. 7

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

  10. 10

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

もっと見る