オスカー女優が渾身濡れ場…映画「キャロル」の迫真演技

公開日: 更新日:

 アカデミー賞授賞式を今月28日に控え、レズビアン映画「キャロル」(英米仏、118分)の激しい濡れ場が話題になっている。

「太陽がいっぱい」で知られる往年のミステリー作家パトリシア・ハイスミスの同名原作をトッド・ヘインズ監督が映画化。保守的だった50年代のニューヨークを舞台に、夫と離婚調停中の貴婦人キャロルと、デパート店員テレーズの許されぬ愛を描いた恋愛ものだ。

 キャロルを演じるケイト・ブランシェット(46)、テレーズ役ルーニー・マーラ(30)がそれぞれアカデミー主演女優賞、助演女優賞にノミネート。映画批評家の前田有一氏もその体当たり演技を絶賛する。

「疎外感にさらされていた2人が互いを思いやるベッドシーンは映画史上屈指の名場面です。両者とも全裸をさらして絡みあい、下半身を口で愛撫するショットまである。抜群のスタイルで知られる30歳のルーニーはともかく、46歳のケイトには勇気がいるシーンでしょうが、実に堂々としていました」

 今年の賞レースでも、2人の演技は高く評価されている。すでにカンヌ国際映画祭ではルーニー・マーラが女優賞を受賞。そのほか同作は、全米批評家協会賞、NY批評家協会賞、LA批評家協会賞で合計7部門受賞、本命オスカーでも演技部門で最有力候補に挙がっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

  2. 2
    ロッテ田村龍弘が国内FA権取得 “打てる捕手”FA宣言なら今オフ一番人気間違いなし

    ロッテ田村龍弘が国内FA権取得 “打てる捕手”FA宣言なら今オフ一番人気間違いなし

  3. 3
    尾身会長また誤り繰り返す…新型コロナ「第7波」による“医療崩壊”の責任

    尾身会長また誤り繰り返す…新型コロナ「第7波」による“医療崩壊”の責任

  4. 4
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  5. 5
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  1. 6
    捏造、横領、踏み倒し…“問題理事長”がのさばれたワケ

    捏造、横領、踏み倒し…“問題理事長”がのさばれたワケ

  2. 7
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  3. 8
    坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

    坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

  4. 9
    感染対策「優良県」3知事が専門家の“コロナ愚策”をバッサリ!尾身会長に「まず反省の弁を」

    感染対策「優良県」3知事が専門家の“コロナ愚策”をバッサリ!尾身会長に「まず反省の弁を」

  5. 10
    井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍

    井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍