日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

オスカー女優が渾身濡れ場…映画「キャロル」の迫真演技

 アカデミー賞授賞式を今月28日に控え、レズビアン映画「キャロル」(英米仏、118分)の激しい濡れ場が話題になっている。

「太陽がいっぱい」で知られる往年のミステリー作家パトリシア・ハイスミスの同名原作をトッド・ヘインズ監督が映画化。保守的だった50年代のニューヨークを舞台に、夫と離婚調停中の貴婦人キャロルと、デパート店員テレーズの許されぬ愛を描いた恋愛ものだ。

 キャロルを演じるケイト・ブランシェット(46)、テレーズ役ルーニー・マーラ(30)がそれぞれアカデミー主演女優賞、助演女優賞にノミネート。映画批評家の前田有一氏もその体当たり演技を絶賛する。

「疎外感にさらされていた2人が互いを思いやるベッドシーンは映画史上屈指の名場面です。両者とも全裸をさらして絡みあい、下半身を口で愛撫するショットまである。抜群のスタイルで知られる30歳のルーニーはともかく、46歳のケイトには勇気がいるシーンでしょうが、実に堂々としていました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事