オスカー女優が渾身濡れ場…映画「キャロル」の迫真演技

公開日:  更新日:

 アカデミー賞授賞式を今月28日に控え、レズビアン映画「キャロル」(英米仏、118分)の激しい濡れ場が話題になっている。

「太陽がいっぱい」で知られる往年のミステリー作家パトリシア・ハイスミスの同名原作をトッド・ヘインズ監督が映画化。保守的だった50年代のニューヨークを舞台に、夫と離婚調停中の貴婦人キャロルと、デパート店員テレーズの許されぬ愛を描いた恋愛ものだ。

 キャロルを演じるケイト・ブランシェット(46)、テレーズ役ルーニー・マーラ(30)がそれぞれアカデミー主演女優賞、助演女優賞にノミネート。映画批評家の前田有一氏もその体当たり演技を絶賛する。

「疎外感にさらされていた2人が互いを思いやるベッドシーンは映画史上屈指の名場面です。両者とも全裸をさらして絡みあい、下半身を口で愛撫するショットまである。抜群のスタイルで知られる30歳のルーニーはともかく、46歳のケイトには勇気がいるシーンでしょうが、実に堂々としていました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

もっと見る