ラリー遠田
著者のコラム一覧
ラリー遠田

1979年、愛知県名古屋市生まれ。東大文学部卒。テレビ番組制作会社勤務を経てフリーライターに。現在は、お笑い評論家として取材、執筆、イベント主催、メディア出演。近著に「教養としての平成お笑い史」(ディスカヴァー・トゥエンティワン)などがある。

ソラシド本坊 “現代版蟹工船”で描いた下流芸人の心の叫び

公開日: 更新日:

「お笑い芸人」といわれて私たちがイメージするのは、テレビに出ているごく一部の売れっ子だけ。それ以外の名もない芸人たちの“素性”はあまり知られていない。

 その大半は安いアパートに住み、その日暮らしの貧困生活を送っている。「プロレタリア芸人」(扶桑社)を書いたソラシドの本坊元児(37)もその一人だ。

 お笑いの仕事は月2回のライブ出演だけ。残りの28日間は建設現場などで肉体労働に精を出している。本坊はガリガリ体形の虚弱体質。それなのに、カネに困って体力勝負の日雇い労働に手を染めてしまったのが運の尽き。彼を待ち受けていたのは、とてつもなく過酷な労働環境だった。

 一緒に働く屈強な男たちには「向いてない」「仕事を変えろ」と冷たくあしらわれた。職人が使う専門用語が理解できず、見当違いの返事をしてドヤされた。解体工事では石膏ボードや断熱材の粉塵が皮膚に突き刺さり、かゆくてかゆくてたまらない。規定の防護服を着用せず、放射線を浴びた中性子フィルターの交換作業をしたこともあった。解体現場でコンクリ片の付いたアスベストをびっしり浴びた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    中村玉緒が“逆介護”で車いす生活の長女と不仲に…初のひとり暮らしを家族問題評論家はどう見た

    中村玉緒が“逆介護”で車いす生活の長女と不仲に…初のひとり暮らしを家族問題評論家はどう見た

  2. 2
    <68>早貴被告のAV出演歴はなぜ分かった…写真でしか見たことない女性をどう発見?

    <68>早貴被告のAV出演歴はなぜ分かった…写真でしか見たことない女性をどう発見?

  3. 3
    「ゴゴスマ」が小室圭さん母子の金銭問題を45分も放送することに意味があるのか(成城大学教授・森暢平)

    「ゴゴスマ」が小室圭さん母子の金銭問題を45分も放送することに意味があるのか(成城大学教授・森暢平)

  4. 4
    引退宣言はどこへ…小室哲哉「TM NETWORK」復活にファンが注ぐ冷ややかな目

    引退宣言はどこへ…小室哲哉「TM NETWORK」復活にファンが注ぐ冷ややかな目

  5. 5
    楽天オコエは首筋寒っ! 高校生外野手2人ドラフト上位指名で崖っぷち

    楽天オコエは首筋寒っ! 高校生外野手2人ドラフト上位指名で崖っぷち

もっと見る

  1. 6
    鴈さん孤独死…中村玉緒との親子関係から見る「8050問題」

    鴈さん孤独死…中村玉緒との親子関係から見る「8050問題」

  2. 7
    香川1区で場外乱闘戦!「平井卓也vs小川淳也」の一騎打ちが維新候補擁立めぐりグチャグチャに

    香川1区で場外乱闘戦!「平井卓也vs小川淳也」の一騎打ちが維新候補擁立めぐりグチャグチャに

  3. 8
    長男が真相告白 名優・田宮二郎の衝撃自殺の陰に“三重苦”

    長男が真相告白 名優・田宮二郎の衝撃自殺の陰に“三重苦”

  4. 9
    V逸巨人指名の即戦力3投手に原監督ご満悦だが…早くもスカウト部が戦々恐々のワケ

    V逸巨人指名の即戦力3投手に原監督ご満悦だが…早くもスカウト部が戦々恐々のワケ

  5. 10
    巨人は今年も即戦力投手“かき集め”ドラフト 5年で10人指名→戦力2人、成功確率たったの20%

    巨人は今年も即戦力投手“かき集め”ドラフト 5年で10人指名→戦力2人、成功確率たったの20%