ラリー遠田
著者のコラム一覧
ラリー遠田

1979年、愛知県名古屋市生まれ。東大文学部卒。テレビ番組制作会社勤務を経てフリーライターに。現在は、お笑い評論家として取材、執筆、イベント主催、メディア出演。近著に「とんねるずと『めちゃイケ』の終わり 〈ポスト平成〉のテレビバラエティ論」(イースト新書)、「逆襲する山里亮太」(双葉社)などがある。

ビートたけし “毒舌芸”のルーツは幼少期とヒモ時代にあり

公開日: 更新日:

 お笑いで成功したのはもちろん、映画監督としても華々しい受賞歴があり「世界のキタノ」と呼ばれるまでになったビートたけし(69)。

 そんな彼は、漫才コンビのツービート名義で最初に出した著書「ツービートのわッ毒ガスだ」(ベストセラーズ)以来、100冊以上の本を刊行し、そのほとんどがベストセラーになっている。「ホームレス中学生」「火花」など、最近でも芸人の著書が売れると話題になることはあるが、実はたけしこそが押しも押されもしないお笑い界随一の売れっ子作家なのだ。

 数あるたけし本の中から初めて読む人に薦めたいのは、「真説『たけし!』オレの毒ガス半生記」(講談社)。それまでの人生の歩みを赤裸々につづった自伝本である。

 印象的なのは、芸人としてデビューするまでの彼がかなり鬱屈した青春時代を過ごしていることだ。子供の頃には2人の兄よりも勉強が不得意だったため、母親から冷たい扱いを受けていた。その上、父親がペンキ職人で家が貧乏であることにコンプレックスを持ち、どんどん卑屈になっていった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

  2. 2

    川栄李奈が32歳の俳優と“授かり婚”で…今後の女優人生は?

  3. 3

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  4. 4

    防衛大学校が受験者2250人も激減…蔓延する“いじめ”の実態

  5. 5

    習近平に隠し玉 レアアース禁輸で日本ハイテク産業大打撃

  6. 6

    立憲が参院東京選挙区で大バクチ 強気“2人擁立”は吉か凶か

  7. 7

    安倍政権が企む“年金改悪”のゴールは「80歳」での支給開始

  8. 8

    85%が老後に腐心…50代から2000万円貯める40代の資金計画

  9. 9

    流出した細川ふみえのキャバ嬢時代写真を巡って直談判に

  10. 10

    米国のファーウェイ潰し、かつて日本も同じ目に遭った

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る