ラリー遠田
著者のコラム一覧
ラリー遠田

1979年、愛知県名古屋市生まれ。東大文学部卒。テレビ番組制作会社勤務を経てフリーライターに。現在は、お笑い評論家として取材、執筆、イベント主催、メディア出演。近著に「とんねるずと『めちゃイケ』の終わり 〈ポスト平成〉のテレビバラエティ論」(イースト新書)、「逆襲する山里亮太」(双葉社)などがある。

ビートたけし “毒舌芸”のルーツは幼少期とヒモ時代にあり

公開日: 更新日:

 お笑いで成功したのはもちろん、映画監督としても華々しい受賞歴があり「世界のキタノ」と呼ばれるまでになったビートたけし(69)。

 そんな彼は、漫才コンビのツービート名義で最初に出した著書「ツービートのわッ毒ガスだ」(ベストセラーズ)以来、100冊以上の本を刊行し、そのほとんどがベストセラーになっている。「ホームレス中学生」「火花」など、最近でも芸人の著書が売れると話題になることはあるが、実はたけしこそが押しも押されもしないお笑い界随一の売れっ子作家なのだ。

 数あるたけし本の中から初めて読む人に薦めたいのは、「真説『たけし!』オレの毒ガス半生記」(講談社)。それまでの人生の歩みを赤裸々につづった自伝本である。

 印象的なのは、芸人としてデビューするまでの彼がかなり鬱屈した青春時代を過ごしていることだ。子供の頃には2人の兄よりも勉強が不得意だったため、母親から冷たい扱いを受けていた。その上、父親がペンキ職人で家が貧乏であることにコンプレックスを持ち、どんどん卑屈になっていった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  4. 4

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  5. 5

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

  6. 6

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  7. 7

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  8. 8

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  9. 9

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  10. 10

    ドコモ口座詐欺事件で知っておきたい絶対NGな「暗証番号」

もっと見る