ラリー遠田
著者のコラム一覧
ラリー遠田

1979年、愛知県名古屋市生まれ。東大文学部卒。テレビ番組制作会社勤務を経てフリーライターに。現在は、お笑い評論家として取材、執筆、イベント主催、メディア出演。近著に「とんねるずと『めちゃイケ』の終わり 〈ポスト平成〉のテレビバラエティ論」(イースト新書)、「逆襲する山里亮太」(双葉社)などがある。

オナラ音は本物 お笑い一徹の志村けんは細部にもこだわり

公開日:  更新日:

 小説を書いたり、ドラマに出たり、お笑いの世界ではマルチな才能を生かして幅広いジャンルで活躍する人も増えてきている。そんな中で、頑固一徹、ひたすらいちずにお笑いだけを貫いている異能の芸人がいる。コント一筋40年の志村けん(66)だ。

 彼は1974年にドリフの一員となってから現在まで、コント番組を毎週やり続けてきた唯一の芸人だ。最近ではNHKのコント番組「となりのシムラ」も話題になったが、著書「変なおじさん」(日経BP社)を読むと、彼のお笑い一筋の生きざまがうかがえる。

 子供のころから笑いが大好き。ラジオ体操の時間にはわざと左右逆の動きをしてみんなを笑わせていた。初めてクラス会で披露したのが「酔っぱらい」のコント。一番最初にやったコントが、のちに代表作となっている酔っぱらいネタというのが不思議なものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る