“月9ドラマ最低男”が目前に…福山雅治はどこで株下げた?

公開日: 更新日:

 結婚することがこんなに難しかったとは――。これが福山雅治(47)の今の心境だろう。

 主演ドラマ「ラヴソング」(フジテレビ系)の視聴率が下げ止まらないのだ。2日放送の4回目は始まって以来、最低の8.5%までダウン、このままなら前作「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」の平均9.7%を下回り、“月9ドラマ”史上最低になる可能性がある。

 このドラマ、内容にも問題ありで、ネットなどでもガンガン叩かれているが、それ以上に、吹石一恵(33)との結婚で、ずっと福山一筋で支えてきたファンに完全にソッポを向かれているのが痛い。

「男らしくてイケメンというのがファンの福山に対するイメージです。ところが、スクープされたのに否定し、交際しているそぶりも見せないでいたのに、突然、“結婚します”と発表。そんなところが嫌われているし、いまだにコソコソしてツーショットも見せず、謎の結婚生活を送ったままです。これで“いい男”のイメージはズタズタ。ファンは今回のドラマを見ていないそうです」(コラムニスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  2. 2

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  3. 3

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  4. 4

    緊急事態延長で深まる親子の溝 東出昌大と重なる父の苦悩

  5. 5

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  6. 6

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  7. 7

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  8. 8

    使い道明確に…バド奥原の問題提言で露呈した悪しき慣習

  9. 9

    日立は在宅勤務に舵 アフターコロナのサラリーマン生活

  10. 10

    松本穂香の出演は2年で10本!唐田えりかの“敵失”で急浮上

もっと見る