• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

これも不振原因か 福山「ラヴソング」に漂う“新曲宣伝臭”

 福山雅治(47)主演の月9ドラマ「ラヴソング」の視聴率がヒドいことになっている。初回こそ2桁(10.6%。以下、数字はいずれもビデオリサーチ調べ=関東地区)をキープしたが、2話目が9.1%、25日放送の3話目は9.4%と惨憺たるありさま。このままだと、月9史上最低となった「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」(全10話平均で9.7%)を下回る可能性大なのだ。

「ラヴソング」不調の理由はすでに「福山とヒロイン・藤原さくらとの年齢差が27歳もあって、気持ち悪い」「福山と藤原は事務所が一緒で、ゴリ押し感がアリアリ」など、さまざまに分析されているが、コラムニストの桧山珠美氏は「ドラマ全体がまるで新曲のプロモーションに見えてしまうんです」という。どういうことか。

「実は現在、藤原さくらが歌っているドラマ主題歌『soup』は6月にシングルCDとして発売されることが決まっているんです。それを同じ事務所の福山が“側面支援”しているように見えて仕方がない。なにしろ、福山は『soup』の作詞作曲者。さらに福山には吹石一恵との結婚で事務所の株価を下げてしまった“負い目”があるから、なんとか借りを返したい。そのために月9を宣伝の舞台に使っているようにしか見えないのです」(桧山氏)

 今どきの視聴者の目は厳しい……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る