これも不振原因か 福山「ラヴソング」に漂う“新曲宣伝臭”

公開日: 更新日:

 福山雅治(47)主演の月9ドラマ「ラヴソング」の視聴率がヒドいことになっている。初回こそ2桁(10.6%。以下、数字はいずれもビデオリサーチ調べ=関東地区)をキープしたが、2話目が9.1%、25日放送の3話目は9.4%と惨憺たるありさま。このままだと、月9史上最低となった「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」(全10話平均で9.7%)を下回る可能性大なのだ。

「ラヴソング」不調の理由はすでに「福山とヒロイン・藤原さくらとの年齢差が27歳もあって、気持ち悪い」「福山と藤原は事務所が一緒で、ゴリ押し感がアリアリ」など、さまざまに分析されているが、コラムニストの桧山珠美氏は「ドラマ全体がまるで新曲のプロモーションに見えてしまうんです」という。どういうことか。

「実は現在、藤原さくらが歌っているドラマ主題歌『soup』は6月にシングルCDとして発売されることが決まっているんです。それを同じ事務所の福山が“側面支援”しているように見えて仕方がない。なにしろ、福山は『soup』の作詞作曲者。さらに福山には吹石一恵との結婚で事務所の株価を下げてしまった“負い目”があるから、なんとか借りを返したい。そのために月9を宣伝の舞台に使っているようにしか見えないのです」(桧山氏)

 今どきの視聴者の目は厳しい……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  4. 4

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  5. 5

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  6. 6

    作曲家デビューした裕一「福島行進曲」B面の作詞家は?

  7. 7

    真の経済効果は28兆円 空前絶後の閉店招く粉飾コロナ対策

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    横山やすし師匠、あの理不尽な苦痛を俺は一生忘れません!

  10. 10

    “脇職人”みちょぱ 絶妙スタンスを生んだ彼女の飽きっぽさ

もっと見る