これも不振原因か 福山「ラヴソング」に漂う“新曲宣伝臭”

公開日: 更新日:

 福山雅治(47)主演の月9ドラマ「ラヴソング」の視聴率がヒドいことになっている。初回こそ2桁(10.6%。以下、数字はいずれもビデオリサーチ調べ=関東地区)をキープしたが、2話目が9.1%、25日放送の3話目は9.4%と惨憺たるありさま。このままだと、月9史上最低となった「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」(全10話平均で9.7%)を下回る可能性大なのだ。

「ラヴソング」不調の理由はすでに「福山とヒロイン・藤原さくらとの年齢差が27歳もあって、気持ち悪い」「福山と藤原は事務所が一緒で、ゴリ押し感がアリアリ」など、さまざまに分析されているが、コラムニストの桧山珠美氏は「ドラマ全体がまるで新曲のプロモーションに見えてしまうんです」という。どういうことか。

「実は現在、藤原さくらが歌っているドラマ主題歌『soup』は6月にシングルCDとして発売されることが決まっているんです。それを同じ事務所の福山が“側面支援”しているように見えて仕方がない。なにしろ、福山は『soup』の作詞作曲者。さらに福山には吹石一恵との結婚で事務所の株価を下げてしまった“負い目”があるから、なんとか借りを返したい。そのために月9を宣伝の舞台に使っているようにしか見えないのです」(桧山氏)

 今どきの視聴者の目は厳しい……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  3. 3

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    長野の広島移籍はFA補強の犠牲というよりまさに“栄転”だ

  6. 6

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  7. 7

    統計不正の“単独犯”務まるか?中江元秘書官のポンコツ伝説

  8. 8

    特大弾含む大当たりでも…日ハム清宮への意外な酷評と課題

  9. 9

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

  10. 10

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

もっと見る