これも不振原因か 福山「ラヴソング」に漂う“新曲宣伝臭”

公開日:  更新日:

 福山雅治(47)主演の月9ドラマ「ラヴソング」の視聴率がヒドいことになっている。初回こそ2桁(10.6%。以下、数字はいずれもビデオリサーチ調べ=関東地区)をキープしたが、2話目が9.1%、25日放送の3話目は9.4%と惨憺たるありさま。このままだと、月9史上最低となった「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」(全10話平均で9.7%)を下回る可能性大なのだ。

「ラヴソング」不調の理由はすでに「福山とヒロイン・藤原さくらとの年齢差が27歳もあって、気持ち悪い」「福山と藤原は事務所が一緒で、ゴリ押し感がアリアリ」など、さまざまに分析されているが、コラムニストの桧山珠美氏は「ドラマ全体がまるで新曲のプロモーションに見えてしまうんです」という。どういうことか。

「実は現在、藤原さくらが歌っているドラマ主題歌『soup』は6月にシングルCDとして発売されることが決まっているんです。それを同じ事務所の福山が“側面支援”しているように見えて仕方がない。なにしろ、福山は『soup』の作詞作曲者。さらに福山には吹石一恵との結婚で事務所の株価を下げてしまった“負い目”があるから、なんとか借りを返したい。そのために月9を宣伝の舞台に使っているようにしか見えないのです」(桧山氏)

 今どきの視聴者の目は厳しい……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る