梨園デビュー未定も 藤原紀香が邁進する“肩書マニアの道”

公開日:  更新日:

「コットンのパジャマが好きな主人に……」

 2度目だって新婚ホヤホヤだもの。歌舞伎役者の片岡愛之助(44)と3月末に結婚したばかりの藤原紀香(44)が10日、「COTTON USA AWARD 2016」授与式に出席。受賞の喜びを伝えたい相手を聞かれて、迷うことなく伴侶の名前を挙げてノロケる姿が印象的だった。

 アメリカ綿の持つ、優しさ、さわやかさ、責任感というイメージにふさわしい著名人を毎年、選出している同賞。14年にはひと足早く愛之助が選ばれており、「2年前に主人も受賞していると思うのですが、『2016年は(私が)いただきました』と言おうと思います」。“夫婦ダブル受賞”の称号を得た喜びも笑顔で語ったのだった。

 報道陣から「いつ梨園デビューになりそうですか?」という質問が投げかけられると、「どうなんでしょうか……いろいろと頑張ります!」。周囲の“出しゃばり”という批判も耳に届いているはず。時期こそ明言しなかったが、思うところはあるのかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る