まるで“大使”マニア? 藤原紀香の「肩書」が増え続けるワケ

公開日: 更新日:

 24日、「国勢調査2015 広報キックオフ発表会」に藤原紀香(44)が出席。高田純次(68)、フィギュアスケーターの織田信成(28)と共に、国勢調査の広報大使に就任した。

 CMに国勢調査員の役で出演している紀香は、「調査員の方々にお話を聞いたら、地道で大変なお仕事だなと。縁の下の力持ち。地道なもの(調査)があって日本が見えてきます」とコメント。5月に報じられた片岡愛之助(43)との密会については触れなかったものの、笑顔で手を振る右手薬指には指輪が光っていた。

 紀香といえば、人道支援や国際問題に関して積極的に発言。スポーツへの関心も高いということで、02年には日韓W杯親善大使に就任。その後、07年には赤十字社の広報特使に就任し、ケニアなどを視察。さらに13年には「京都国立博物館広報特使」、今年4月には「紀の川市フルーツ大使」と“大使”づくし。

 リッパな肩書をかき集め、“梨園の妻”にふさわしい存在になろうと必死なのかも……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池知事ドリフ固執 そして都庁は「8時だョ!全員残業中」

  2. 2

    小池都知事イライラMAX!報道に「PV中止」抜かれブチ切れ

  3. 3

    ワクチン副反応で新たな混乱“アセトアミノフェン薬”が品薄

  4. 4

    菅首相G7サミットでポツンとひとり…際立った薄すぎる存在

  5. 5

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    秋篠宮家は小室圭さんを身辺調査する発想がなかったのかも

  8. 8

    巨人「出戻り山口俊」補強は原監督の悪手…OBから苦言続々

  9. 9

    草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず

  10. 10

    佐藤健の相手に満島ひかりが浮上も「結婚を考えられない」

もっと見る