まるで“大使”マニア? 藤原紀香の「肩書」が増え続けるワケ

公開日:  更新日:

 24日、「国勢調査2015 広報キックオフ発表会」に藤原紀香(44)が出席。高田純次(68)、フィギュアスケーターの織田信成(28)と共に、国勢調査の広報大使に就任した。

 CMに国勢調査員の役で出演している紀香は、「調査員の方々にお話を聞いたら、地道で大変なお仕事だなと。縁の下の力持ち。地道なもの(調査)があって日本が見えてきます」とコメント。5月に報じられた片岡愛之助(43)との密会については触れなかったものの、笑顔で手を振る右手薬指には指輪が光っていた。

 紀香といえば、人道支援や国際問題に関して積極的に発言。スポーツへの関心も高いということで、02年には日韓W杯親善大使に就任。その後、07年には赤十字社の広報特使に就任し、ケニアなどを視察。さらに13年には「京都国立博物館広報特使」、今年4月には「紀の川市フルーツ大使」と“大使”づくし。

 リッパな肩書をかき集め、“梨園の妻”にふさわしい存在になろうと必死なのかも……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る