まるで“大使”マニア? 藤原紀香の「肩書」が増え続けるワケ

公開日:  更新日:

 24日、「国勢調査2015 広報キックオフ発表会」に藤原紀香(44)が出席。高田純次(68)、フィギュアスケーターの織田信成(28)と共に、国勢調査の広報大使に就任した。

 CMに国勢調査員の役で出演している紀香は、「調査員の方々にお話を聞いたら、地道で大変なお仕事だなと。縁の下の力持ち。地道なもの(調査)があって日本が見えてきます」とコメント。5月に報じられた片岡愛之助(43)との密会については触れなかったものの、笑顔で手を振る右手薬指には指輪が光っていた。

 紀香といえば、人道支援や国際問題に関して積極的に発言。スポーツへの関心も高いということで、02年には日韓W杯親善大使に就任。その後、07年には赤十字社の広報特使に就任し、ケニアなどを視察。さらに13年には「京都国立博物館広報特使」、今年4月には「紀の川市フルーツ大使」と“大使”づくし。

 リッパな肩書をかき集め、“梨園の妻”にふさわしい存在になろうと必死なのかも……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  3. 3

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  4. 4

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  5. 5

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  6. 6

    広島移籍の長野が本音を吐露「新井さんの代わり荷が重い」

  7. 7

    メディアは国のトップ発言の垂れ流しを終わりにするべき

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  10. 10

    鈴木誠也の2位指名は“凡打ばかりのプレゼン”も一役買った

もっと見る