• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

映画批評家も酷評 「テラフォーマーズ」なぜ大コケした?

 先月29日から公開中の邦画話題作「テラフォーマーズ」が大変なことになっている。

 累計発行部数1000万部を超える同名大ベストセラーコミックの映画化で、キャストには伊藤英明、山下智久、山田孝之、小栗旬、武井咲、篠田麻里子など人気役者がズラリ。事前の大宣伝もあり、ヒットは確実視されていたが、映画ランキングでは7位スタート。翌週は10位まで下がり、“大気圏外”に消え去るのは時間の問題になっている。

「最終的に及第点といわれる10億円には届かない厳しい数字。通常期より観客が見込めるGWでも数字が伸びませんでした」(映画関係者)

 舞台は人類移住のため惑星改造が進む26世紀の火星。ところが地表温度を上げるため500年前に大量に放した「黒くて生命力の強いゴキブリ」が、苛烈な宇宙環境下で想定外の進化を遂げていた……。映画はその駆除にやってきた15人の宇宙飛行士と、人間並みに巨大化した二足歩行型ゴキブリの戦いを描くSFアクションだ。監督はバイオレンス描写に定評があり「ヤッターマン」など漫画の実写化でも実績豊富な三池崇史。日本映画界の総力を挙げたといっても過言ではない万全の布陣だが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  5. 5

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  6. 6

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る