• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

64、ちはやふる…1粒で二度おいしい「2部作映画」の狙い

 製作関係者はエビス顔だ。GW期間中に“前後編2部作”で勝負した2作品がしっかりと結果を出している。

 7日公開の佐藤浩市(55)主演「64―ロクヨン―前編」(東宝系、瀬々敬久監督)は、6月11日公開の後編と合わせて最終的に興行収入40億円を見込める好スタートを切り、3月にひと足早く“前編”の「上の句」を封切りしていた広瀬すず(17)主演「ちはやふる」(東宝系、小泉徳宏監督)も「下の句」と合わせて興収30億円超えは堅い。「15億円がヒットの目安といわれる中で、『64』と『ちはやふる』は大成功といえるでしょう」(映画ジャーナリストの大高宏雄氏)。

 内容も見応え十分。「『64』前編はラストでようやく本筋の事件が描かれ、間延びした印象があるものの、重厚なつくり。『ちはやふる』も原作の世界観をより長く楽しみたいというファンの気持ちに寄り添っていた」(映画批評家の前田有一氏)と評判は上々だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  6. 6

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  7. 7

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  8. 8

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  9. 9

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  10. 10

    ファンも聞き飽きた 本田圭佑の“大風呂敷”惨敗した4年前も

もっと見る