• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

64、ちはやふる…1粒で二度おいしい「2部作映画」の狙い

 製作関係者はエビス顔だ。GW期間中に“前後編2部作”で勝負した2作品がしっかりと結果を出している。

 7日公開の佐藤浩市(55)主演「64―ロクヨン―前編」(東宝系、瀬々敬久監督)は、6月11日公開の後編と合わせて最終的に興行収入40億円を見込める好スタートを切り、3月にひと足早く“前編”の「上の句」を封切りしていた広瀬すず(17)主演「ちはやふる」(東宝系、小泉徳宏監督)も「下の句」と合わせて興収30億円超えは堅い。「15億円がヒットの目安といわれる中で、『64』と『ちはやふる』は大成功といえるでしょう」(映画ジャーナリストの大高宏雄氏)。

 内容も見応え十分。「『64』前編はラストでようやく本筋の事件が描かれ、間延びした印象があるものの、重厚なつくり。『ちはやふる』も原作の世界観をより長く楽しみたいというファンの気持ちに寄り添っていた」(映画批評家の前田有一氏)と評判は上々だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  7. 7

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  8. 8

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

  9. 9

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  10. 10

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

もっと見る