64、ちはやふる…1粒で二度おいしい「2部作映画」の狙い

公開日: 更新日:

 製作関係者はエビス顔だ。GW期間中に“前後編2部作”で勝負した2作品がしっかりと結果を出している。

 7日公開の佐藤浩市(55)主演「64―ロクヨン―前編」(東宝系、瀬々敬久監督)は、6月11日公開の後編と合わせて最終的に興行収入40億円を見込める好スタートを切り、3月にひと足早く“前編”の「上の句」を封切りしていた広瀬すず(17)主演「ちはやふる」(東宝系、小泉徳宏監督)も「下の句」と合わせて興収30億円超えは堅い。「15億円がヒットの目安といわれる中で、『64』と『ちはやふる』は大成功といえるでしょう」(映画ジャーナリストの大高宏雄氏)。

 内容も見応え十分。「『64』前編はラストでようやく本筋の事件が描かれ、間延びした印象があるものの、重厚なつくり。『ちはやふる』も原作の世界観をより長く楽しみたいというファンの気持ちに寄り添っていた」(映画批評家の前田有一氏)と評判は上々だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  6. 6

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  7. 7

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  8. 8

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  9. 9

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  10. 10

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

もっと見る