AV出演に女相撲も 元祖“巨乳”中村京子さん辿った“裸人生”

公開日:  更新日:

 今ではFカップ、Gカップでも驚かないが、この人がDカップをウリにヌードグラビアを席巻した80年代半ば、たわわな胸にみんな度肝を抜かれ、下半身が天を突いた。“Dカップ京子”こと中村京子さんだ。今どうしているのか。

■ゴールデン街火災で電話殺到

「先週の火曜日はビックリ仰天したな。午後3時すぎ、何げなくテレビをつけたら、ゴールデン街の火事を実況中継してるじゃない。一瞬、ウチの店が燃えてる、って思ったけど、幸いにして違ってた。その後、心配した常連さんからの電話がスゴかったわ。でも、ホント、他人事じゃない。被害に遭われたお店のオーナーさんには心からお見舞い申し上げます」

 新宿はゴールデン街の「中村酒店」で会った中村さん、神妙な顔でこう言った。もちろん、「酒店」といっても酒屋ではない。カウンター形式のスナックだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る