• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

AV出演に女相撲も 元祖“巨乳”中村京子さん辿った“裸人生”

 今ではFカップ、Gカップでも驚かないが、この人がDカップをウリにヌードグラビアを席巻した80年代半ば、たわわな胸にみんな度肝を抜かれ、下半身が天を突いた。“Dカップ京子”こと中村京子さんだ。今どうしているのか。

■ゴールデン街火災で電話殺到

「先週の火曜日はビックリ仰天したな。午後3時すぎ、何げなくテレビをつけたら、ゴールデン街の火事を実況中継してるじゃない。一瞬、ウチの店が燃えてる、って思ったけど、幸いにして違ってた。その後、心配した常連さんからの電話がスゴかったわ。でも、ホント、他人事じゃない。被害に遭われたお店のオーナーさんには心からお見舞い申し上げます」

 新宿はゴールデン街の「中村酒店」で会った中村さん、神妙な顔でこう言った。もちろん、「酒店」といっても酒屋ではない。カウンター形式のスナックだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る