元アイドル仁藤優子さん ママ友は「芸能人?」と不思議顔も

公開日:  更新日:

 80年代のアイドル歌手の中でも、歌唱力の高さには定評があった。87年、「おこりんぼの人魚」でデビューし、日本歌謡大賞・放送音楽新人賞を受賞した仁藤優子さん(44)だ。その後はバラエティー番組や女優としても活躍の場を広げていたが、さて、今どうしているのか。

■朝は「スッピン」で幼稚園

「39歳で息子を出産したから、幼稚園のママ友はみなさん、ワタシよりお若いでしょ。元アイドルだと知らないのは当然。“ウワサで知ったんだけど、優子さんは芸能人なの!?”なんて聞かれてます。確かにオーラはなく、朝はスッピンで息子を幼稚園に送り出してる。帰って家事をしてると、主人に“怖い! 眉毛くらい描いてくれ”なんて言われます、ハハハ」

 銀座のカフェで会った仁藤さん、アッケラカンとこう言った。「主人」は6歳年上の俳優、西凛太朗さん。09年に結婚した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  7. 7

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る