元関脇・隆乃若さん 資格取得&講演活動で“相撲道”邁進中

公開日: 更新日:

 美男力士の元大関候補といえばこの人だ。鳴戸部屋の元関脇・隆乃若関(本名・尾崎勇記・39歳)だ。鳴戸部屋は親方(元横綱・隆の里)が相撲一筋の熱血指導で隆乃若をはじめ、大関・稀勢の里、関脇・若の里、小結・高安など強豪力士を輩出した。11年11月に鳴戸親方は呼吸不全で急逝し、2年後に鳴戸部屋は消滅。07年9月場所を最後に引退した隆乃若関、今どうしているのか。

「引退した当時、年寄の空き株がなかったため、親方が親しくされてた草野仁さんの事務所にお世話になることになりました。鳴戸親方は相撲界でも特に厳しい親方といわれていましたが、今の自分がこうしてあるのを含め、教えていただいたことすべて血肉となっているように思います」

 千代田区内の草野仁事務所で会った隆乃若さん、こう話し始めた。

「鳴戸部屋が他の部屋と際立って異なった点は、食育でしょうね。普通、相撲部屋ではチャンコ長がその日の献立を決めます。ところが、鳴戸部屋では親方自ら決めた。それだけじゃない。まず弟子の前で自分が作ってみせるんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  2. 2

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  3. 3

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  4. 4

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  5. 5

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  6. 6

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  7. 7

    箱根駅伝は無観客開催…背後に透ける「傲慢とカネと宣伝」

  8. 8

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

もっと見る