• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

元関脇・隆乃若さん 資格取得&講演活動で“相撲道”邁進中

 美男力士の元大関候補といえばこの人だ。鳴戸部屋の元関脇・隆乃若関(本名・尾崎勇記・39歳)だ。鳴戸部屋は親方(元横綱・隆の里)が相撲一筋の熱血指導で隆乃若をはじめ、大関・稀勢の里、関脇・若の里、小結・高安など強豪力士を輩出した。11年11月に鳴戸親方は呼吸不全で急逝し、2年後に鳴戸部屋は消滅。07年9月場所を最後に引退した隆乃若関、今どうしているのか。

「引退した当時、年寄の空き株がなかったため、親方が親しくされてた草野仁さんの事務所にお世話になることになりました。鳴戸親方は相撲界でも特に厳しい親方といわれていましたが、今の自分がこうしてあるのを含め、教えていただいたことすべて血肉となっているように思います」

 千代田区内の草野仁事務所で会った隆乃若さん、こう話し始めた。

「鳴戸部屋が他の部屋と際立って異なった点は、食育でしょうね。普通、相撲部屋ではチャンコ長がその日の献立を決めます。ところが、鳴戸部屋では親方自ら決めた。それだけじゃない。まず弟子の前で自分が作ってみせるんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    内閣府の仰天“解釈” 「加計は利害関係者にあらず」の詭弁

  4. 4

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  5. 5

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  6. 6

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  9. 9

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  10. 10

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

もっと見る