吉川潮
著者のコラム一覧
吉川潮前立川流顧問

1948年8月1日、茨城県真壁郡下館町(現・筑西市)出身。71年立教大学経済学部卒。ルポライターのほか、放送作家として「青島幸男のお昼のワイドショー」などの構成を担当する一方、79年から演芸評論家として演芸評、コラムを書き始める。80年には小説家としてデビューした。落語立川流の顧問であったが、2014年11月に辞任した。

<第1回>談志は晩年「俺はとんでもないものを作った」と

公開日: 更新日:

「笑点」は日本テレビが誇る高視聴率の長寿番組である。裏で相撲中継がある時こそ下がるものの、それ以外は20%前後の数字を取る。新司会者が発表された5月22日の放送では27.1%、新メンバーが発表された同29日放送では28.1%を記録した。制作コストを考えると優秀なコンテンツと言える。

 新司会者に春風亭昇太が選ばれた際、意外だという意見があった。外部招聘でなく大喜利メンバーから選ぶなら三遊亭円楽というのがもっぱらの下馬評だったからだ。しかし、私はスタッフがベストの選択をしたと評価している。昇太はBS日テレの「笑点デラックス」で若手大喜利の司会を長く務めていた。プロ野球で言えば、二軍監督が一軍の監督になったようなもので順当な人事であろう。

 だったら同様に、新メンバーも若手大喜利の出演者の中から選んでほしかった。私が予想したのは春風亭一之輔と立川生志だったが、選ばれたのは林家三平。他球団からフリーエージェントで入って、いきなりレギュラーポジションを取ったようなものである。私は三平が番組に初登場した瞬間、こう思った。舛添知事のフレーズを借りれば、「公平な第三者の目で」選んで欲しかったと。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  7. 7

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  8. 8

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  9. 9

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  10. 10

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

もっと見る