青山愛&小川彩佳 報ステから“残った人と去った人”の力量

公開日:  更新日:

 青山愛(27)がジワジワと人気だ。

「だれ?」と思った中高年は古舘伊知郎が辞めるまでの「報道ステーション」(テレビ朝日系)でスポーツ担当だった、エクボがかわいい美人アナといえばわかるだろう。

 その青山は4月から「マツコ&有吉の怒り新党」(同)にレギュラー出演。「報ステ」終わりの23時台にブッキングするのは無神経な気もするが、前任の夏目三久とは違い、天然系というか、ブッチャけたトークがいい。

「私はアメリカが長いので、外国の方がとても好き。付き合ってきたのは外国人のほうが多い。外国人が(日本人の)2倍」とか、帰国子女だからなのか言ってしまう。まあ、それでも愛嬌のあるタレ目のおかげか、若い男女ともに好感が持たれ、「笑顔がかわいい」「話もおもしろい」とネットでも話題だ。

 番組では「アオパンね」とからかわれたみたいだが、本家のカトパン(加藤綾子)のようなバラエティーの主軸アナになるかもしれない。古舘が辞めたタイミングで「報ステ」からバラエティーに転身したのは、本人と局にとって価値が高そうだ。大人数のバラエティーに出た時、仕切れるかどうかが勝負だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

もっと見る