富川「報ステ」初回“古舘超え”でフリーアナ受難の時代

公開日:  更新日:

 古舘伊知郎(61)から代わった富川悠太(39)の「報道ステーション」(テレビ朝日系)の初回(11日)視聴率が12%(以下、数字はすべてビデオリサーチ調べ、関東地区)と上々のスタートだったことが話題になっている。

 富川はいうまでもなくテレビ朝日のサラリーマン。一方、フリーの古舘に支払われていたギャラは年間12億円ともいわれている。にもかかわらず、富川は古舘がマークした同時間帯の前4週平均、11.6%をクリアしてしまった。

 もちろん、初回放送の“ご祝儀”には違いないだろうが、それにしても関係者から「12億円はムダ金だったのか」という声が起きてもおかしくない。放送ジャーナリストの小田桐誠氏はこう言う。

「久米宏さんの時代の『ニュースステーション』、それに古舘さんの『報道ステーション』と30年かけて、“夜10時のニュースはテレビ朝日”という視聴習慣をつくってきたたまものだと思います。決して富川アナ個人の力でできるものじゃない。じゃ、テレビ朝日はその視聴習慣をつくるために久米さんと古舘さんにいくら払ってきたのか。おそらく数百億円は優に超えるでしょう。まあ、その金額が妥当だったかといわれると、ウーン、判断が分かれるところですね(笑い)」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    電動車いすで店に入れず…理髪師から広がった思いやりの輪

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る