富川「報ステ」初回“古舘超え”でフリーアナ受難の時代

公開日:  更新日:

 古舘伊知郎(61)から代わった富川悠太(39)の「報道ステーション」(テレビ朝日系)の初回(11日)視聴率が12%(以下、数字はすべてビデオリサーチ調べ、関東地区)と上々のスタートだったことが話題になっている。

 富川はいうまでもなくテレビ朝日のサラリーマン。一方、フリーの古舘に支払われていたギャラは年間12億円ともいわれている。にもかかわらず、富川は古舘がマークした同時間帯の前4週平均、11.6%をクリアしてしまった。

 もちろん、初回放送の“ご祝儀”には違いないだろうが、それにしても関係者から「12億円はムダ金だったのか」という声が起きてもおかしくない。放送ジャーナリストの小田桐誠氏はこう言う。

「久米宏さんの時代の『ニュースステーション』、それに古舘さんの『報道ステーション』と30年かけて、“夜10時のニュースはテレビ朝日”という視聴習慣をつくってきたたまものだと思います。決して富川アナ個人の力でできるものじゃない。じゃ、テレビ朝日はその視聴習慣をつくるために久米さんと古舘さんにいくら払ってきたのか。おそらく数百億円は優に超えるでしょう。まあ、その金額が妥当だったかといわれると、ウーン、判断が分かれるところですね(笑い)」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  7. 7

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る