今度は久保田智子が退社 TBSから消えゆく報道畑女子アナ

公開日:  更新日:

 TBSにとって大打撃だ。つい先日、「NEWS23」の膳場貴子アナ(41)の後釜に決まっていた小林悠アナ(30)が「これから」というタイミングで辞めたばかりなのに、今度は膳場アナが産休中に代打を務めていた久保田智子アナ(39)もTBSを退社するという。

 小林アナが交際男性とのツーショットを撮られたのが退社のきっかけになったのと違い、久保田アナの場合は、ニューヨークに赴任している夫(日本テレビ社員)と同居するためというのが理由らしいが、TBSにとっては“痛手”に違いない。

「まず一つはアナウンス管理の体質が問われてしまうことです。小林の場合には“交際男性の情報をリークしたのは同僚アナウンサーだった”とか“その件で小林はアナウンス室に抗議した”などとも言われています。そもそも、膳場アナの『NEWS23』降板についてもTBSサイドは“膳場アナから申し入れがあった”などと発表したが、直後に膳場アナは“申し入れなどしていません”とギクシャクした経緯がある。そこへ今度は久保田アナでは、また何かあったのかなどと勘繰られるのは間違いありません」(マスコミ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る