高野人母美 ジムと対立で仕事激減「スケジュール真っ白」

公開日: 更新日:

 21日、“モデルボクサー”高野人母美(29)が「第2回アキバコレクション」にゲスト参加し、地下アイドルグループ「仮面女子」のステージに乱入。

 高野は「アイドルになってみたいと思ったことがあって、念願かなった。『モー娘。』や『SPEED』に憧れて、小学校の作文では『歌手になりたい』と書いていました。『モー娘。』のオーディションは受けたことがあるかもしれない。好きな割には歌がヘタで、書類選考も通過できなかった」と告白した。

 そんな高野が目立ちたがり屋のトラブルメーカーであることを世間に知らしめたのは先月の引退騒動。「自分の時間を人に左右されるのが嫌」と話し、6月6日の試合で引退することを所属ジムに無断で発表。和解したものの、ジム側は放映権料の賠償など多額の損失を被った。

 この騒動で高野の人気は急落。この日、高野は「あまり言うと怒られるけど、ワケありでスケジュールが真っ白。毎日ヒマなので、本当に仮面女子に入れてもらいたい」と懇願していた。

 引退騒動後、初の公の場となった今月12日の映画イベントで「ボクシングだけでは食べていけない」とタレント活動を続けることも宣言。本業もそこそこに、セクシー女優やヌード披露も時間の問題か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  2. 2

    電波少年で時の人 伊藤高史さん「朋友」から21年年後の今

  3. 3

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  4. 4

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    日本シリーズ初勝利 “鷹サブマリン”高橋を待つバラ色オフ

  7. 7

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  8. 8

    今更札幌って…マラソン前代未聞の開催地変更案で世界の恥

  9. 9

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  10. 10

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る