• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

高野人母美 ジムと対立で仕事激減「スケジュール真っ白」

 21日、“モデルボクサー”高野人母美(29)が「第2回アキバコレクション」にゲスト参加し、地下アイドルグループ「仮面女子」のステージに乱入。

 高野は「アイドルになってみたいと思ったことがあって、念願かなった。『モー娘。』や『SPEED』に憧れて、小学校の作文では『歌手になりたい』と書いていました。『モー娘。』のオーディションは受けたことがあるかもしれない。好きな割には歌がヘタで、書類選考も通過できなかった」と告白した。

 そんな高野が目立ちたがり屋のトラブルメーカーであることを世間に知らしめたのは先月の引退騒動。「自分の時間を人に左右されるのが嫌」と話し、6月6日の試合で引退することを所属ジムに無断で発表。和解したものの、ジム側は放映権料の賠償など多額の損失を被った。

 この騒動で高野の人気は急落。この日、高野は「あまり言うと怒られるけど、ワケありでスケジュールが真っ白。毎日ヒマなので、本当に仮面女子に入れてもらいたい」と懇願していた。

 引退騒動後、初の公の場となった今月12日の映画イベントで「ボクシングだけでは食べていけない」とタレント活動を続けることも宣言。本業もそこそこに、セクシー女優やヌード披露も時間の問題か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  4. 4

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  5. 5

    “塚原派”にも追い込まれ…コーチ不在の宮川紗江に引退危機

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  8. 8

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  9. 9

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  10. 10

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

もっと見る