• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

高野人母美 ジムと対立で仕事激減「スケジュール真っ白」

 21日、“モデルボクサー”高野人母美(29)が「第2回アキバコレクション」にゲスト参加し、地下アイドルグループ「仮面女子」のステージに乱入。

 高野は「アイドルになってみたいと思ったことがあって、念願かなった。『モー娘。』や『SPEED』に憧れて、小学校の作文では『歌手になりたい』と書いていました。『モー娘。』のオーディションは受けたことがあるかもしれない。好きな割には歌がヘタで、書類選考も通過できなかった」と告白した。

 そんな高野が目立ちたがり屋のトラブルメーカーであることを世間に知らしめたのは先月の引退騒動。「自分の時間を人に左右されるのが嫌」と話し、6月6日の試合で引退することを所属ジムに無断で発表。和解したものの、ジム側は放映権料の賠償など多額の損失を被った。

 この騒動で高野の人気は急落。この日、高野は「あまり言うと怒られるけど、ワケありでスケジュールが真っ白。毎日ヒマなので、本当に仮面女子に入れてもらいたい」と懇願していた。

 引退騒動後、初の公の場となった今月12日の映画イベントで「ボクシングだけでは食べていけない」とタレント活動を続けることも宣言。本業もそこそこに、セクシー女優やヌード披露も時間の問題か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る