二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

平愛梨は妊娠否定も…結婚を巡る女優と事務所の駆け引き

公開日: 更新日:

 女性タレントを抱える事務所にとって頭を悩ます問題のひとつが「結婚」を持ち出された時という。

「芸能界は先々まで仕事を入れる世界。それも独身のイメージ前提で仕事が成立していることも多く、結婚となればCMなど仕事に支障を来すこともある」と聞く。認めるか否かの判断は両親以上に事務所社長の意見が大きく左右する。

「OK」から「もうちょっと待て」「認めない」まで段階はあるが、売れているタレントはそう簡単には認めてくれない。反対はないまでも時期を決められるケースがもっとも多い。「仕事関係者に先に知らせるとか、結婚の段取りから結婚後のことまである程度決める」という。

 やっかいなのが「認めない」こと。今度はタレントが頭を悩ます。昔は仕事を優先。泣く泣く結婚を諦めた女優もいた。

 その点、デキ婚は時期も反対の余地もない。安室奈美恵(38)は歌手として人気絶頂期だった20歳の時のデキ婚だった。結婚だけならともかく、妊娠は出産、育児と続き、2年近く休業を余儀なくされる。事務所にとっては痛手だけでなく、事後対策に追われる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  3. 3

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  4. 4

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  5. 5

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  6. 6

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  7. 7

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

  8. 8

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  9. 9

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  10. 10

    ベルギーで11得点 新顔FW鎌田大地「森保J」での期待値

もっと見る