二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

平愛梨は妊娠否定も…結婚を巡る女優と事務所の駆け引き

公開日:  更新日:

 女性タレントを抱える事務所にとって頭を悩ます問題のひとつが「結婚」を持ち出された時という。

「芸能界は先々まで仕事を入れる世界。それも独身のイメージ前提で仕事が成立していることも多く、結婚となればCMなど仕事に支障を来すこともある」と聞く。認めるか否かの判断は両親以上に事務所社長の意見が大きく左右する。

「OK」から「もうちょっと待て」「認めない」まで段階はあるが、売れているタレントはそう簡単には認めてくれない。反対はないまでも時期を決められるケースがもっとも多い。「仕事関係者に先に知らせるとか、結婚の段取りから結婚後のことまである程度決める」という。

 やっかいなのが「認めない」こと。今度はタレントが頭を悩ます。昔は仕事を優先。泣く泣く結婚を諦めた女優もいた。

 その点、デキ婚は時期も反対の余地もない。安室奈美恵(38)は歌手として人気絶頂期だった20歳の時のデキ婚だった。結婚だけならともかく、妊娠は出産、育児と続き、2年近く休業を余儀なくされる。事務所にとっては痛手だけでなく、事後対策に追われる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  3. 3

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  9. 9

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  10. 10

    日ロ交渉はお先真っ暗…完黙でつけ込まれる河野“無能”外相

もっと見る