働く女と母親の顔 松嶋菜々子が“四十路”で広げた演技の幅

公開日:  更新日:

 松嶋菜々子(42)が久しぶりに連ドラに帰ってきた。「救命病棟24時」(フジテレビ系)シリーズ以来、ちょうど3年ぶりだ。

 連ドラのしんがりでスタートした木曜の「営業部長 吉良奈津子」(同局系)で、松嶋の評価はどうなのか。物語は3年間育休した主婦が会社(広告代理店)に復帰したら、クリエーティブな部署から不振の営業に回されてしまい、悔しさをバネに奮闘するというもの。

「ドラマ自体はありきたりの設定ですが、松嶋だから飽きずに見ることができました。四十路になって演技の幅が広がったし、子供をあやすタレ目の笑顔から、オフィスでキリリと『私は負けるのが嫌いです』と言い切るところまで、子持ちの元キャリアウーマンをたくみに演じていると思う。スカートから伸びる脚もスラッとして奇麗だし、若手の女優には貫禄も感じられる。40代の頃の三田佳子っぽい存在感になってきたのが気になりますが……」(作家の松野大介氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る