• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

働く女と母親の顔 松嶋菜々子が“四十路”で広げた演技の幅

 松嶋菜々子(42)が久しぶりに連ドラに帰ってきた。「救命病棟24時」(フジテレビ系)シリーズ以来、ちょうど3年ぶりだ。

 連ドラのしんがりでスタートした木曜の「営業部長 吉良奈津子」(同局系)で、松嶋の評価はどうなのか。物語は3年間育休した主婦が会社(広告代理店)に復帰したら、クリエーティブな部署から不振の営業に回されてしまい、悔しさをバネに奮闘するというもの。

「ドラマ自体はありきたりの設定ですが、松嶋だから飽きずに見ることができました。四十路になって演技の幅が広がったし、子供をあやすタレ目の笑顔から、オフィスでキリリと『私は負けるのが嫌いです』と言い切るところまで、子持ちの元キャリアウーマンをたくみに演じていると思う。スカートから伸びる脚もスラッとして奇麗だし、若手の女優には貫禄も感じられる。40代の頃の三田佳子っぽい存在感になってきたのが気になりますが……」(作家の松野大介氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  9. 9

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

  10. 10

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

もっと見る