• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

酒井法子は1日300万円 TVを凌ぐ「パチンコ営業」破格の稼ぎ

 発売中の「女性自身」が酒井法子(44)の近況を伝えている。それによると年末のディナーショー(チケット2万円)は完売だそうだが、日々の仕事となると「地上波の本格復帰はなかなかうまくいかず」(同誌)、パチンコ店での営業など地道な仕事を続ける日々だという。なんだかうらぶれた日常を過ごしている印象だが、「とんでもない」と声を上げるのは芸能評論家の肥留間正明氏だ。同氏が続ける。

「“うらぶれてる”なんて大いなる勘違い。商店街のイベントやパチンコ店のトークショー、学園祭、デパート屋上、企業内イベントのゲストなどが、今や芸能人の稼ぎの“主戦場”になっているのです。テレビだけで食えるのは帯番組で司会を担当しているようなホンの一握り。残りの99%は地方営業でガッポリ稼いでいます」

 なにしろ、テレビのギャラは、バラエティーの場合、大物俳優でさえ10万円程度、ポッと出のひな壇芸人だと3万~5万円ぐらいにしかならない。そこへいくと地方営業ならその10倍は堅い。なかでも破格なのはパチンコ営業だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  4. 4

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  7. 7

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る