酒井法子は1日300万円 TVを凌ぐ「パチンコ営業」破格の稼ぎ

公開日: 更新日:

 発売中の「女性自身」が酒井法子(44)の近況を伝えている。それによると年末のディナーショー(チケット2万円)は完売だそうだが、日々の仕事となると「地上波の本格復帰はなかなかうまくいかず」(同誌)、パチンコ店での営業など地道な仕事を続ける日々だという。なんだかうらぶれた日常を過ごしている印象だが、「とんでもない」と声を上げるのは芸能評論家の肥留間正明氏だ。同氏が続ける。

「“うらぶれてる”なんて大いなる勘違い。商店街のイベントやパチンコ店のトークショー、学園祭、デパート屋上、企業内イベントのゲストなどが、今や芸能人の稼ぎの“主戦場”になっているのです。テレビだけで食えるのは帯番組で司会を担当しているようなホンの一握り。残りの99%は地方営業でガッポリ稼いでいます」

 なにしろ、テレビのギャラは、バラエティーの場合、大物俳優でさえ10万円程度、ポッと出のひな壇芸人だと3万~5万円ぐらいにしかならない。そこへいくと地方営業ならその10倍は堅い。なかでも破格なのはパチンコ営業だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    全米ホロリ…おひとりさま高齢女性客が残したチップとメモの想い

  3. 3

    「報ステ」大越健介キャスター抜擢で…テレ朝から聞こえてきた不協和音

  4. 4

    テレ朝「報ステ」大越健介氏キャスター抜擢で囁かれる“相方”女性キャスターの名前

  5. 5

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

  6. 6

    テレ朝・斎藤ちはるアナのコロナ感染で"TBSのドン・ファン"に再び脚光が…

  7. 7

    開会式トンズラの安倍前首相 日本人メダルラッシュにも沈黙のナゼ

  8. 8

    福原愛が念願の五輪解説で大張り切り “不倫妻イメージ”払拭に躍起も複雑な胸中

  9. 9

    「この家に入るニャ!」インドで猫が毒蛇コブラの侵入を防ぐ

  10. 10

    加藤官房長官“ジャラジャラ”手首に目がクギ付け 「何の願掛け?」と記者たちで話題に

もっと見る