人気“不倫ドラマ”映画化決定も…「昼顔」たちの現実は?

公開日:  更新日:

 夫が仕事に出掛けている間に男と密会する妻を“昼顔妻”と呼ぶ。テレビドラマ「昼顔」の大ヒットを受けてのもので、来年、映画化が決まった。映画版では、ドラマ版の3年後のストーリーを描く。引き裂かれた昼顔妻と男が再会するというが、周りの「昼顔妻」たちはどうなっているのか。男女関係に詳しいノンフィクション作家・亀山早苗氏に聞いた。

「ダブル不倫カップル(男51歳、女47歳)は、どちらも配偶者にバレてしまいました。表立って会うことはできなくなったのですが、それでも思いは続いていて、毎日の車通勤の際、すれ違う場所と時間を決め、渋滞などで近くに停車することができると、車の窓から窓へと手紙やプレゼントを渡したりするのです。“すれ違いの逢瀬”は目下、半年ほど続いています」

 面と向かって会えないもどかしさから、余計に盛り上がってしまいそうだが、ドラマをしのぐ展開もあるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る