大高宏雄
著者のコラム一覧
大高宏雄映画ジャーナリスト

映画「シュート!」ではじけた SMAPメンバー若き日の青春

公開日:  更新日:

 SMAP解散のニュースはリオ五輪をしのいだ。さすがである。戦後日本のアイドル史のなかで、抜きんでた存在だからだろう。ヒット曲やドラマ、バラエティー番組での功績があちこちで取り上げられていたが、不思議なことに彼らが主演した映画に関する報道は少なかった。

 ジャニーズ事務所の映画活動は、たのきんトリオ作品の大ブームから本格化する。80年代のことだ。以降、他のグループや個人が主演する作品も話題になるが、時代がSMAP黄金期に突入すると、映画出演も活発化し、ヒットのスケールは格段に大きくなっていく。

 ピークは、06年から08年あたりだろう。キムタクの「HERO」「武士の一分」、草彅剛の「日本沈没」、香取慎吾の「西遊記」、中居正広の「私は貝になりたい」などが集中した時代だ。この5作品で総興収250億円近くになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る