• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
大高宏雄
著者のコラム一覧
大高宏雄映画ジャーナリスト

映画「シュート!」ではじけた SMAPメンバー若き日の青春

 SMAP解散のニュースはリオ五輪をしのいだ。さすがである。戦後日本のアイドル史のなかで、抜きんでた存在だからだろう。ヒット曲やドラマ、バラエティー番組での功績があちこちで取り上げられていたが、不思議なことに彼らが主演した映画に関する報道は少なかった。

 ジャニーズ事務所の映画活動は、たのきんトリオ作品の大ブームから本格化する。80年代のことだ。以降、他のグループや個人が主演する作品も話題になるが、時代がSMAP黄金期に突入すると、映画出演も活発化し、ヒットのスケールは格段に大きくなっていく。

 ピークは、06年から08年あたりだろう。キムタクの「HERO」「武士の一分」、草彅剛の「日本沈没」、香取慎吾の「西遊記」、中居正広の「私は貝になりたい」などが集中した時代だ。この5作品で総興収250億円近くになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  3. 3

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  4. 4

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  5. 5

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  6. 6

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  7. 7

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  8. 8

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  9. 9

    セネガル戦は苦戦必至 日本のキーマンとリスク回避策は?

  10. 10

    国債の取引不成立が続出…日銀の異次元緩和は完全にドロ沼

もっと見る