大高宏雄
著者のコラム一覧
大高宏雄映画ジャーナリスト

映画「シュート!」ではじけた SMAPメンバー若き日の青春

公開日:  更新日:

 SMAP解散のニュースはリオ五輪をしのいだ。さすがである。戦後日本のアイドル史のなかで、抜きんでた存在だからだろう。ヒット曲やドラマ、バラエティー番組での功績があちこちで取り上げられていたが、不思議なことに彼らが主演した映画に関する報道は少なかった。

 ジャニーズ事務所の映画活動は、たのきんトリオ作品の大ブームから本格化する。80年代のことだ。以降、他のグループや個人が主演する作品も話題になるが、時代がSMAP黄金期に突入すると、映画出演も活発化し、ヒットのスケールは格段に大きくなっていく。

 ピークは、06年から08年あたりだろう。キムタクの「HERO」「武士の一分」、草彅剛の「日本沈没」、香取慎吾の「西遊記」、中居正広の「私は貝になりたい」などが集中した時代だ。この5作品で総興収250億円近くになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る