野良犬から寿司奪い…三遊亭白鳥さん明かした過酷下積み

公開日:

 新作落語の実力派として人気の三遊亭白鳥さん(53)。前座時代は言うに及ばず、二つ目時代も食うや食わず。その過酷な下積みとは……。

 落語と無縁の大学生活を送った私が師匠・三遊亭円丈の門を叩いたのは87年7月。古本屋で古今亭志ん生師匠の自伝「びんぼう自慢」を買ったのがきっかけで、たまたま関西テレビの「花王名人劇場」に出演していた師匠の円丈を見て「この人だ!」と確信したんです。

 ところが、弟子にはなったものの、仕事がない。その理由は私があまりにも落語を知らないくせに目立とう精神ばかり旺盛だったから。パンダのお面をかぶって高座に上がれば、古典落語しか知らないお客さんにはそりゃあ滑りまくりですよ。

 他の師匠からは「バカ前座」「あいつとは付き合うな」と言われ、鈴本(演芸場)の席亭からは「雰囲気を壊す」と出禁。新宿末広亭、浅草演芸場からも敬遠され、まさに極貧でした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  3. 3

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  8. 8

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

もっと見る