「衣装は自作…」愛犬と乗り越えたキンタロー。の下積み時代

公開日:  更新日:

 モノマネ女芸人のキンタロー。さん(33)はAKB48のマネでブレークするまでは、夜の仕事を掛け持ちする日々。飼い犬よりも貧しい食生活を送っていた……。

 一念発起してOLをやめ、芸人を目指して上京したのが29歳と遅かったんです。
 東京にある松竹芸能のスクールに入ったんですが、驚いたのは家賃の高さ。犬と上京したので「ペット可」の安いところを探し回ったけど、5万5000円するワンルームが精いっぱい。5畳分で収納なし。地元の名古屋では、3万円でもっと広いところに住んでいました。

 当時はバイトを掛け持ちです。まずは従業員がみんな女芸人という中野のスナック。時給が1000円で、お客さんがずっといると朝8時まで営業するので、しんどかった。ネタコーナーがあるので練習になったけど、芸人がたくさん働いていて、毎晩出勤できるわけでもなかったです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る