「衣装は自作…」愛犬と乗り越えたキンタロー。の下積み時代

公開日: 更新日:

 モノマネ女芸人のキンタロー。さん(33)はAKB48のマネでブレークするまでは、夜の仕事を掛け持ちする日々。飼い犬よりも貧しい食生活を送っていた……。

 一念発起してOLをやめ、芸人を目指して上京したのが29歳と遅かったんです。
 東京にある松竹芸能のスクールに入ったんですが、驚いたのは家賃の高さ。犬と上京したので「ペット可」の安いところを探し回ったけど、5万5000円するワンルームが精いっぱい。5畳分で収納なし。地元の名古屋では、3万円でもっと広いところに住んでいました。

 当時はバイトを掛け持ちです。まずは従業員がみんな女芸人という中野のスナック。時給が1000円で、お客さんがずっといると朝8時まで営業するので、しんどかった。ネタコーナーがあるので練習になったけど、芸人がたくさん働いていて、毎晩出勤できるわけでもなかったです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  2. 2

    安倍首相また疑惑 18年「桜を見る会」で総裁3選“支持固め”

  3. 3

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  4. 4

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  5. 5

    元ヤン公表が裏目…木下優樹菜は“現役ヤンキー”発覚で窮地

  6. 6

    1位は矢沢永吉の7万円 芸能人ディナーショー戦線異状アリ

  7. 7

    優樹菜脱落…新ママタレ戦線のダークホースは“無臭”コンビ

  8. 8

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  9. 9

    矢沢永吉“大物の証し” 批判メールに堂々と反論できた背景

  10. 10

    完全アウトな国家の私物化 安倍政権は桜を見る会で詰んだ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る