出産にも事務所素っ気なく 堀北真希から消えない“引退説”

公開日: 更新日:

 堀北真希(28)と山本耕史(40)の間に第1子が誕生、母子ともに健康というが、なぜか堀北の所属事務所は素っ気ない対応を貫いている。プライベートを理由に出産日や性別も公表せず、事務所の後輩、桐谷美玲が出席した会見でさえ、主催者側から堀北の出産に関する質問はNGという厳戒ぶりなのだ。

 そんなリアクションに呼応するかのように浮上したのが、堀北の引退説。

「堀北は母親になったことで芸能界を引退する腹積もりというのです。昨年8月に電撃入籍してからは自らの意思で新たな仕事をセーブしてきています。今春には10本あったCMも、残っているのはライオンとノーリツの2本だけ。本当は全部降りたかったけど、事務所との関係を考えて、2本だけ承諾したといわれているほどです」(広告代理店幹部)

 ところが、それも来年3月には契約満了になるという。事務所は契約を更改したいが、本人にその気がなく、「最低でも1年間は休業したい考え」(事情通)とか。同じ事務所の黒木メイサが数カ月で現場復帰しているし、育休は3カ月くらいを希望している事務所側との隔たりは大きく、お互いに行き違いのままのようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  2. 2

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  3. 3

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

  4. 4

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

  5. 5

    “ぼったくり男爵”バッハ氏来日で組織委警戒の帰れコール!

  6. 6

    危機あおる小池都知事 “五輪返上”ブチ上げ国政進出画策か

  7. 7

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  8. 8

    川口春奈「着飾る恋」8年前の“汚名返上”に関係者ヒヤヒヤ

  9. 9

    世界が「五輪中止せよ!」の大合唱 菅政権ゴリ押しの異様

  10. 10

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

もっと見る