日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

出産にも事務所素っ気なく 堀北真希から消えない“引退説”

 堀北真希(28)と山本耕史(40)の間に第1子が誕生、母子ともに健康というが、なぜか堀北の所属事務所は素っ気ない対応を貫いている。プライベートを理由に出産日や性別も公表せず、事務所の後輩、桐谷美玲が出席した会見でさえ、主催者側から堀北の出産に関する質問はNGという厳戒ぶりなのだ。

 そんなリアクションに呼応するかのように浮上したのが、堀北の引退説。

「堀北は母親になったことで芸能界を引退する腹積もりというのです。昨年8月に電撃入籍してからは自らの意思で新たな仕事をセーブしてきています。今春には10本あったCMも、残っているのはライオンとノーリツの2本だけ。本当は全部降りたかったけど、事務所との関係を考えて、2本だけ承諾したといわれているほどです」(広告代理店幹部)

 ところが、それも来年3月には契約満了になるという。事務所は契約を更改したいが、本人にその気がなく、「最低でも1年間は休業したい考え」(事情通)とか。同じ事務所の黒木メイサが数カ月で現場復帰しているし、育休は3カ月くらいを希望している事務所側との隔たりは大きく、お互いに行き違いのままのようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事