大河主演“棚ぼた”内定 鈴木亮平に早くも「荷が重い」の声

公開日: 更新日:

 これぞ“棚ぼたキャスティング”だ。次々作となる2018年のNHK大河ドラマ「西郷どん」の主演に俳優の鈴木亮平(33)が内定したと報じられた一件である。

 実は同ドラマで内定報道が出たのはこれで2度目。もともと堤真一(52)に決まりかけたが、堤サイドがオファーを辞退したことで振り出しとなった経緯があった。しかも「堤側が断ったことが公となってしまったため、NHKは同等クラスの俳優への打診が困難となり、その後のキャスティングは難航したそうです」(芸能関係者)。そんな紆余曲折もあっての西郷隆盛役だが、結局、NHK御用達俳優に任せることになったわけだ。

■脚本との相性はバッチリ

 朝ドラ「花子とアン」(14年上半期)で吉高由里子演じるヒロインの夫役としてその名と顔を全国区にし、現在はBSプレミアムの複数の番組をPRする「にっぽんプレミアム」の16年度のナビゲーターを務めている。ちょくちょく動画が流れるので、NHK・BSの顔といっても過言ではない。しかも「西郷どん」の脚本を手がける中園ミホ氏(57)は、「花子とアン」の脚本家だけに相性はバッチリだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  3. 3

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  6. 6

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  7. 7

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  8. 8

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  9. 9

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  10. 10

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

もっと見る