大河主演“棚ぼた”内定 鈴木亮平に早くも「荷が重い」の声

公開日: 更新日:

 これぞ“棚ぼたキャスティング”だ。次々作となる2018年のNHK大河ドラマ「西郷どん」の主演に俳優の鈴木亮平(33)が内定したと報じられた一件である。

 実は同ドラマで内定報道が出たのはこれで2度目。もともと堤真一(52)に決まりかけたが、堤サイドがオファーを辞退したことで振り出しとなった経緯があった。しかも「堤側が断ったことが公となってしまったため、NHKは同等クラスの俳優への打診が困難となり、その後のキャスティングは難航したそうです」(芸能関係者)。そんな紆余曲折もあっての西郷隆盛役だが、結局、NHK御用達俳優に任せることになったわけだ。

■脚本との相性はバッチリ

 朝ドラ「花子とアン」(14年上半期)で吉高由里子演じるヒロインの夫役としてその名と顔を全国区にし、現在はBSプレミアムの複数の番組をPRする「にっぽんプレミアム」の16年度のナビゲーターを務めている。ちょくちょく動画が流れるので、NHK・BSの顔といっても過言ではない。しかも「西郷どん」の脚本を手がける中園ミホ氏(57)は、「花子とアン」の脚本家だけに相性はバッチリだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  4. 4

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  5. 5

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  6. 6

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  7. 7

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  8. 8

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  9. 9

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  10. 10

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

もっと見る