日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

のん主演「この世界の片隅に」が再現した“あの日の広島”

 興収164億円を超えた「君の名は。」に引っ張られるかのように、今年のアニメ映画が絶好調だ。「ズートピア」「ファインディング・ドリー」のディズニー勢が興収60億円をクリアしたのは当然としても、20億を超えてなお公開中の「聲の形」「GANTZ:O」など邦画アニメも負けてはいない。また、どの作品も評価がすこぶる高いのが特徴で、まさにアニメの当たり年といえる。

■能年玲奈時代から2年ぶり初主演

 そんな中、この激戦区を突き抜けそうなのが12日公開の「この世界の片隅に」。「夕凪の街 桜の国」などで知られるこうの史代原作の漫画を、「マイマイ新子と千年の魔法」の片渕須直監督がアニメ化した戦争ドラマだ。

 製作前のクラウドファンディングでは8日間で目標額2000万円を達成するなど、もともと期待度はダントツだったが、公開前の今になっても絶賛の声しか聞こえてこないというから傑作の予感濃厚。いち早く観賞した映画批評家の前田有一氏も太鼓判を押す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事