視聴率ワースト更新…フジ「フルタチさん」大惨敗のワケ

公開日:

「危険水域に入った。ゴールデンでこの数字は、もうダメだろう。内容も何がしたいのかわからないよ」

 フジテレビ幹部がそうぼやく番組がある。フリーアナ・古舘伊知郎(62)がメーンMCを務める日曜の情報番組「フルタチさん」だ。「報道ステーション」降板後、古舘にとって初のレギュラー番組として昨年11月から始まったが、視聴率が全く振るわない。大惨敗といっていい数字なのだ。

 5日放送の平均視聴率は4.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。先月15日放送の4.9%を下回り、番組開始以来、最低を更新。10%台はおろか、11月の初回放送の8.2%が最高で、その後、視聴率は4~6%をウロウロしている。ゴールデンの2時間番組としては、とても耐えられる数字ではない。何でこんなことになってしまったのか。

「もともと、古舘さんには『自由にやってください』と言って、番組がスタートした。しかし、本人のこだわりが強すぎるあまり、現場のスタッフとうまく連携が取れていないんです。スタッフがプランを持っていっても、古舘さんがなかなかオッケーを出さない。だから、スタッフは毎回、複数のプランを用意しなければならず、疲弊しきっている」(前出のフジテレビ幹部)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  3. 3

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  4. 4

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  5. 5

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

もっと見る