視聴率ワースト更新…フジ「フルタチさん」大惨敗のワケ

公開日:

「危険水域に入った。ゴールデンでこの数字は、もうダメだろう。内容も何がしたいのかわからないよ」

 フジテレビ幹部がそうぼやく番組がある。フリーアナ・古舘伊知郎(62)がメーンMCを務める日曜の情報番組「フルタチさん」だ。「報道ステーション」降板後、古舘にとって初のレギュラー番組として昨年11月から始まったが、視聴率が全く振るわない。大惨敗といっていい数字なのだ。

 5日放送の平均視聴率は4.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。先月15日放送の4.9%を下回り、番組開始以来、最低を更新。10%台はおろか、11月の初回放送の8.2%が最高で、その後、視聴率は4~6%をウロウロしている。ゴールデンの2時間番組としては、とても耐えられる数字ではない。何でこんなことになってしまったのか。

「もともと、古舘さんには『自由にやってください』と言って、番組がスタートした。しかし、本人のこだわりが強すぎるあまり、現場のスタッフとうまく連携が取れていないんです。スタッフがプランを持っていっても、古舘さんがなかなかオッケーを出さない。だから、スタッフは毎回、複数のプランを用意しなければならず、疲弊しきっている」(前出のフジテレビ幹部)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る