• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

視聴率ワースト更新…フジ「フルタチさん」大惨敗のワケ

「危険水域に入った。ゴールデンでこの数字は、もうダメだろう。内容も何がしたいのかわからないよ」

 フジテレビ幹部がそうぼやく番組がある。フリーアナ・古舘伊知郎(62)がメーンMCを務める日曜の情報番組「フルタチさん」だ。「報道ステーション」降板後、古舘にとって初のレギュラー番組として昨年11月から始まったが、視聴率が全く振るわない。大惨敗といっていい数字なのだ。

 5日放送の平均視聴率は4.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。先月15日放送の4.9%を下回り、番組開始以来、最低を更新。10%台はおろか、11月の初回放送の8.2%が最高で、その後、視聴率は4~6%をウロウロしている。ゴールデンの2時間番組としては、とても耐えられる数字ではない。何でこんなことになってしまったのか。

「もともと、古舘さんには『自由にやってください』と言って、番組がスタートした。しかし、本人のこだわりが強すぎるあまり、現場のスタッフとうまく連携が取れていないんです。スタッフがプランを持っていっても、古舘さんがなかなかオッケーを出さない。だから、スタッフは毎回、複数のプランを用意しなければならず、疲弊しきっている」(前出のフジテレビ幹部)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    学長会見は“ガキの使い” 日大理事長が絶対表に出ない理由

  2. 2

    元財務省・田中秀明氏 官僚の「政治化」が生んだ忖度体質

  3. 3

    ブームが去って「残念!」…ギター侍・波田陽区さんは今

  4. 4

    石原さとみに未練か “決断できない男”山下智久に心配の声

  5. 5

    天敵の籠池氏保釈で“劇場”再燃 高まる「6.20会期末解散」

  6. 6

    田中圭「おっさんずラブ」 女性ファン狂喜乱舞の“肉体美”

  7. 7

    テレ朝の刑事ドラマを追撃 “ダークな二宮和也”の心意気

  8. 8

    なぜ打ち切った? “上から目線”の日大広報・米倉氏を直撃

  9. 9

    「除名にしろ」の声も 日大アメフト部を待つ予想外の厳罰

  10. 10

    TVから消え10年超…小橋賢児さんイベント仕掛人になるまで

もっと見る