• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

D・フジオカに勝算あり 報道番組初挑戦も事務所に成功例

 4月から鳴り物入りで始まる「サタデーステーション」(テレビ朝日系、土曜21時)で報道情報番組に初挑戦する俳優で歌手のディーン・フジオカ(36)。人々に影響を与える「インフルエンサー」という立場であれやこれやコメントするという。出番は不定期だが、メーンMCの高島彩(37)と並べば、それはもう大層華やかなニュース番組になるであろう。

 もっとも、役者の報道番組はタブー視されている。イメージ商売だし、米国とは違って、日本の芸能界は政治的発言を好まない風潮もある。スケジュールだって押さえられてしまう。「落ち目ならまだしも、売り時は躊躇する仕事」(芸能プロ関係者)と敬遠する声もある中で、人気絶頂のディーンの挑戦はズバリ、「勝算あり」だ。

■成功のカギ握る3人の美女とは

「ディーンの所属事務所であるアミューズには、『NEWS ZERO』(日本テレビ系)で曜日キャスターを務めている板谷由夏がいる。彼女の場合、ZEROの出演はマイナスになるどころか知名度アップにつながり、女優の仕事も増えた。アミューズは俳優業と両立させるノウハウを持っているといえるでしょう。しかも4月からはホラン千秋も夕方のニュース番組『Nスタ』(TBS系)の新キャスターに抜擢されている。局は異なるものの相乗効果が期待できるし、さらにいえば、民放3社とより太いパイプも築ける。他社ながらうまい戦略だと思います」(前出の芸能プロ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    学長会見は“ガキの使い” 日大理事長が絶対表に出ない理由

  2. 2

    元財務省・田中秀明氏 官僚の「政治化」が生んだ忖度体質

  3. 3

    ブームが去って「残念!」…ギター侍・波田陽区さんは今

  4. 4

    石原さとみに未練か “決断できない男”山下智久に心配の声

  5. 5

    天敵の籠池氏保釈で“劇場”再燃 高まる「6.20会期末解散」

  6. 6

    田中圭「おっさんずラブ」 女性ファン狂喜乱舞の“肉体美”

  7. 7

    テレ朝の刑事ドラマを追撃 “ダークな二宮和也”の心意気

  8. 8

    なぜ打ち切った? “上から目線”の日大広報・米倉氏を直撃

  9. 9

    「除名にしろ」の声も 日大アメフト部を待つ予想外の厳罰

  10. 10

    辞めたジャニーズの末路は…山口達也を待ち受ける“地獄道”

もっと見る