• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

D・フジオカに勝算あり 報道番組初挑戦も事務所に成功例

 4月から鳴り物入りで始まる「サタデーステーション」(テレビ朝日系、土曜21時)で報道情報番組に初挑戦する俳優で歌手のディーン・フジオカ(36)。人々に影響を与える「インフルエンサー」という立場であれやこれやコメントするという。出番は不定期だが、メーンMCの高島彩(37)と並べば、それはもう大層華やかなニュース番組になるであろう。

 もっとも、役者の報道番組はタブー視されている。イメージ商売だし、米国とは違って、日本の芸能界は政治的発言を好まない風潮もある。スケジュールだって押さえられてしまう。「落ち目ならまだしも、売り時は躊躇する仕事」(芸能プロ関係者)と敬遠する声もある中で、人気絶頂のディーンの挑戦はズバリ、「勝算あり」だ。

■成功のカギ握る3人の美女とは

「ディーンの所属事務所であるアミューズには、『NEWS ZERO』(日本テレビ系)で曜日キャスターを務めている板谷由夏がいる。彼女の場合、ZEROの出演はマイナスになるどころか知名度アップにつながり、女優の仕事も増えた。アミューズは俳優業と両立させるノウハウを持っているといえるでしょう。しかも4月からはホラン千秋も夕方のニュース番組『Nスタ』(TBS系)の新キャスターに抜擢されている。局は異なるものの相乗効果が期待できるし、さらにいえば、民放3社とより太いパイプも築ける。他社ながらうまい戦略だと思います」(前出の芸能プロ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  8. 8

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  9. 9

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る