二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

解散後のSMAP 脱アイドルでも安泰なのは中居正広ただ一人

公開日: 更新日:

 先頃、NHKの籾井勝人会長(73)が定例会見で、年内解散が決定しているSMAPに対し、「紅白に出て欲しい。ジャニー喜多川社長と直接話し合いたい」と発言して話題を呼んだ。

 芸能関係者によれば、「会見やイベントはいかにリップサービスして大きく扱ってもらうかにある。手慣れた芸能人なら、タイトルになりそうな言葉まで考える」という時代。籾井会長がそこまで考えたかはともかく「SMAP紅白出場に向け会長が乗り出す」と大きな活字にすることには成功したが、ジャニー社長と旧知の仲ならともかく、出演交渉などしょせんは無理な話。失言の多い籾井会長の勇み足だった感は否めない。

 会長に出し抜かれた形になったが、「紅白」担当者にとってSMAP出場は視聴率を大きく左右する事案。出演交渉は加速するだろうが、すでに絆がなくなったグループ。「紅白」といえど、一夜だけの復活はないとの見方が強い。むしろ、最大関心事は今後の5人の活動にある。もともと、芸能界は個人活動の場。グループは個人になるためのプロセスに過ぎないが、これが簡単そうで難しい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  4. 4

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  5. 5

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  6. 6

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  7. 7

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

  8. 8

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  9. 9

    坂本と大城はどこで感染?巨人コロナ「微陽性」6つの疑問

  10. 10

    一人暮らしをする実母の通い介護で毎月赤字&預金減少に…

もっと見る