日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

小雪ドラマ爆死も “裏番組対決”で松ケンをアシストの皮肉

 女優の小雪(40)が「株を上げた」(芸能関係者)ともっぱらだ。フジテレビ系主演ドラマ「大貧乏」(日曜21時)の最終回(12日)視聴率が4.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)に終わったのを受けてのこと。初回こそ7.7%だったが、2回目以降は4~5%台の超低空飛行を続け、気付けば、今クールGP帯ドラマの中で暫定ワースト視聴率の座を独走中だというのに、なぜ評価されるのか。

 それは、同時間帯のドラマ「A LIFE~愛しき人~」(TBS系)に夫の松山ケンイチ(32)が出演しているから。「放送前から日曜9時は夫婦の『裏番組対決』として注目されていた」(TVライター)が、蓋を開けてみれば、トリプルスコアの差がつく放送回もあり、妻のドラマはメタメタの結果に。

「それはもうNHK朝ドラ『べっぴんさん』の脚本を手がける羽鳥慎一夫人に匹敵するぐらい、素晴らしい内助の功。松ケンの“刺客”といわんばかり、その威力を思う存分発揮しているかのようでした」(コラムニストの桧山珠美氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事