主演ドラマには酷評の嵐 キムタクはなぜ嫌われるのか?

公開日: 更新日:

「ハタから見てて見苦しい」「裸の王様まる出し。諫めてくれる人が周囲にいないって哀れだね」「もう結構!」といった辛辣なコメントばかり。これは「キムタク SMAP再結成に動く!」というネット記事への反応だが、読者たちはその真偽よりも、木村拓哉(44)への嫌悪感が先行している。

 だからだろうか、木村主演のTBS系ドラマ「A LIFE~愛しき人~」の視聴率が5日放送の第4話で12.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と2話連続でダウン。最高だった第2話からは2.4ポイントの大幅ダウンだ。TBS武田信二社長はドラマ及第点を15%に設定しているとも報じられていたが、だとしたら完全な落第である。

 コラムニストの桧山珠美氏が言う。

「人物描写どころか、ドラマの方向性ひとつとっても浅い、浅すぎる。オペシーンにこだわる本格医療ドラマなのか、はたまた竹内結子を巡るラブストーリーなのか、第4話まで放送し終わっても何を描きたいのかさっぱり分かりません。キムタク神話をつなげるのが大命題だったTBSですが、完全に失敗。第4話の最大の見どころ、オペナースの木村文乃を諭すシーンでさえも、結局、キムタクはお得意のハニカミ笑顔でもって心情を表現することしかできない。制作陣は使い勝手の悪い俳優を持て余しているように思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  2. 2

    安倍首相また疑惑 18年「桜を見る会」で総裁3選“支持固め”

  3. 3

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  4. 4

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  5. 5

    元ヤン公表が裏目…木下優樹菜は“現役ヤンキー”発覚で窮地

  6. 6

    1位は矢沢永吉の7万円 芸能人ディナーショー戦線異状アリ

  7. 7

    優樹菜脱落…新ママタレ戦線のダークホースは“無臭”コンビ

  8. 8

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  9. 9

    完全アウトな国家の私物化 安倍政権は桜を見る会で詰んだ

  10. 10

    矢沢永吉“大物の証し” 批判メールに堂々と反論できた背景

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る