沢尻エリカ“再同棲”発覚 「1日早ければ…」が関係者の本音?

公開日:  更新日:

「どうせバレるなら、もう1日早めて欲しかった」――沢尻エリカ(29)がヒロインを務める月9ドラマ「ようこそ、わが家へ」(フジテレビ系)のスタッフの呟きが聞こえそうだ。

 今週発売の「女性自身」がエリカ様の再同棲を伝えている。なんでも、エリカ様はかつて同棲し、昨年9月にいったんは同棲を解消していたデザイナーのA氏と再び同棲中で、エリカ母のリラさんも「ええ、今は(自分も含めて)3人で住んでいます。私ももう息子のように接してますよ」と公認の仲なんだそうな。問題はそのタイミングだ。

「『ようこそ――』の初回放送があったのは13日。ところが『女性自身』の発売はその翌日の14日だったのです。互いに独身同士だからスキャンダルでもなく、番組宣伝としても十分使える内容だった。それだけにスタッフもホゾを噛んでいることでしょう」(テレビ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る