日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

謹慎期間終了か? ジャニーズが突如“山P推し”のウラ事情

 ここに来てジャニーズ事務所の猛プッシュが目立っているのが、山Pこと山下智久(31)。4月スタートの日本テレビ系の連続ドラマ「ボク、運命の人です。」ではKAT―TUNの亀梨和也(31)とダブル主演。2人の共演は2005年に同局で放送された「野ブタ。をプロデュース」以来12年ぶりで、「野ブタ――」では、亀梨と山下が「修二と彰」名義で主題歌「青春アミーゴ」を歌い、200万枚以上の大ヒットを記録したが、今回もスペシャルユニット「亀と山P」を結成し、主題歌を担当する。

 さらに、7月スタートのフジテレビ系月9枠では、山下主演の人気シリーズ「コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~」の新シリーズが放送されることになった。

「『ボク――』は当初、亀梨が主演の予定だったが、ジャニーズが山下をねじ込みダブル主演になったともっぱら。おまけに、物語のキーパーソンを演じることになった。フジは月9の視聴率が低迷。そこで、ジャニーズが“助け舟”を出し山下主演で新シリーズが放送されることになった」(テレビ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事