• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

引き留め工作か 元SMAPの4人に“ジャニーズ残留”の可能性

 稲垣吾郎(43)が、水谷豊主演のテレビ朝日系ドラマ「相棒」出演内定と一部で報じられたため、さまざまな臆測が広がっている。10月スタートの新シリーズで水谷の5代目相棒を稲垣が演じるのが事実とすれば、元SMAPメンバーの独立問題に対して、ジャニーズ事務所の引き留め工作が行われている、いや成功したことの証左ではないか、というのだが……。

「木村拓哉を除く元メンバー4人は、毎年9月に行われているジャニーズとの契約更改で契約を更新せずに独立、元チーフマネジャー飯島氏のもとに移籍するのではないかと注目されています。そのためのアクションとして、5月ごろに4人は独立の意思を表明するとみられていたのですが、稲垣が10月からの『相棒』に出るならば、当然9月以降もジャニーズ所属ということになる。稲垣は独立しない決断をしたのではないでしょうか」(ジャニーズ事情に詳しい芸能リポーター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  8. 8

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

もっと見る