引き留め工作か 元SMAPの4人に“ジャニーズ残留”の可能性

公開日:

 稲垣吾郎(43)が、水谷豊主演のテレビ朝日系ドラマ「相棒」出演内定と一部で報じられたため、さまざまな臆測が広がっている。10月スタートの新シリーズで水谷の5代目相棒を稲垣が演じるのが事実とすれば、元SMAPメンバーの独立問題に対して、ジャニーズ事務所の引き留め工作が行われている、いや成功したことの証左ではないか、というのだが……。

「木村拓哉を除く元メンバー4人は、毎年9月に行われているジャニーズとの契約更改で契約を更新せずに独立、元チーフマネジャー飯島氏のもとに移籍するのではないかと注目されています。そのためのアクションとして、5月ごろに4人は独立の意思を表明するとみられていたのですが、稲垣が10月からの『相棒』に出るならば、当然9月以降もジャニーズ所属ということになる。稲垣は独立しない決断をしたのではないでしょうか」(ジャニーズ事情に詳しい芸能リポーター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  2. 2

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  9. 9

    JIC騒動で露呈…官民ファンドは血税しゃぶる“天下り集団”

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る