日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

引き留め工作か 元SMAPの4人に“ジャニーズ残留”の可能性

 稲垣吾郎(43)が、水谷豊主演のテレビ朝日系ドラマ「相棒」出演内定と一部で報じられたため、さまざまな臆測が広がっている。10月スタートの新シリーズで水谷の5代目相棒を稲垣が演じるのが事実とすれば、元SMAPメンバーの独立問題に対して、ジャニーズ事務所の引き留め工作が行われている、いや成功したことの証左ではないか、というのだが……。

「木村拓哉を除く元メンバー4人は、毎年9月に行われているジャニーズとの契約更改で契約を更新せずに独立、元チーフマネジャー飯島氏のもとに移籍するのではないかと注目されています。そのためのアクションとして、5月ごろに4人は独立の意思を表明するとみられていたのですが、稲垣が10月からの『相棒』に出るならば、当然9月以降もジャニーズ所属ということになる。稲垣は独立しない決断をしたのではないでしょうか」(ジャニーズ事情に詳しい芸能リポーター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事