• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

ソロになった中居正広に見る進歩…交際話を聞かれ笑顔で

 会見やインタビューにおけるタレントの発言は事務所に規制されていることが少なくない。自由に自分の言葉で話せないから、判で押したような発言に終始し面白みを欠く面もある。それがベテラン芸人になると、臨機応変に自分の言葉で話すから面白い。好感度を上げるチャンスである半面、時には“失言”につながることもある。

 中居正広(44)が自身の冠番組の取材会見で約1年ぶりに質疑応答形式で答えた。事前に番組以外の質問はNGと通達されていたが、報道陣が一番、聞きたいことはすでに報じられている6年来の恋人、武田舞香(32)とのこと。「交際は順調ですか」の質問が飛んだ。「話さなーい」と中居は笑顔でかわす余裕さえあった。

 これだけ見てもソロになった中居の進歩がうかがえた。SMAP時代だったら、仮に質問があっても憮然とした表情で無言を貫き、周囲が質問を遮断して中居を守ったはず。芸歴、年齢からして自分の言葉で応じる姿勢が自然とはいえ、これまでは“SMAP”というアイドルの鎧がそうさせなかった。SMAPが解散して3カ月、司会業もますます磨きがかかる中居の今回の会見は、アイドルから解放された素の中居を見た気もする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る