• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

ソロになった中居正広に見る進歩…交際話を聞かれ笑顔で

 会見やインタビューにおけるタレントの発言は事務所に規制されていることが少なくない。自由に自分の言葉で話せないから、判で押したような発言に終始し面白みを欠く面もある。それがベテラン芸人になると、臨機応変に自分の言葉で話すから面白い。好感度を上げるチャンスである半面、時には“失言”につながることもある。

 中居正広(44)が自身の冠番組の取材会見で約1年ぶりに質疑応答形式で答えた。事前に番組以外の質問はNGと通達されていたが、報道陣が一番、聞きたいことはすでに報じられている6年来の恋人、武田舞香(32)とのこと。「交際は順調ですか」の質問が飛んだ。「話さなーい」と中居は笑顔でかわす余裕さえあった。

 これだけ見てもソロになった中居の進歩がうかがえた。SMAP時代だったら、仮に質問があっても憮然とした表情で無言を貫き、周囲が質問を遮断して中居を守ったはず。芸歴、年齢からして自分の言葉で応じる姿勢が自然とはいえ、これまでは“SMAP”というアイドルの鎧がそうさせなかった。SMAPが解散して3カ月、司会業もますます磨きがかかる中居の今回の会見は、アイドルから解放された素の中居を見た気もする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る