二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

ソロになった中居正広に見る進歩…交際話を聞かれ笑顔で

公開日: 更新日:

 会見やインタビューにおけるタレントの発言は事務所に規制されていることが少なくない。自由に自分の言葉で話せないから、判で押したような発言に終始し面白みを欠く面もある。それがベテラン芸人になると、臨機応変に自分の言葉で話すから面白い。好感度を上げるチャンスである半面、時には“失言”につながることもある。

 中居正広(44)が自身の冠番組の取材会見で約1年ぶりに質疑応答形式で答えた。事前に番組以外の質問はNGと通達されていたが、報道陣が一番、聞きたいことはすでに報じられている6年来の恋人、武田舞香(32)とのこと。「交際は順調ですか」の質問が飛んだ。「話さなーい」と中居は笑顔でかわす余裕さえあった。

 これだけ見てもソロになった中居の進歩がうかがえた。SMAP時代だったら、仮に質問があっても憮然とした表情で無言を貫き、周囲が質問を遮断して中居を守ったはず。芸歴、年齢からして自分の言葉で応じる姿勢が自然とはいえ、これまでは“SMAP”というアイドルの鎧がそうさせなかった。SMAPが解散して3カ月、司会業もますます磨きがかかる中居の今回の会見は、アイドルから解放された素の中居を見た気もする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  3. 3

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  4. 4

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  5. 5

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  6. 6

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  7. 7

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  8. 8

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  9. 9

    清宮&輝星采配で炎上 栗山監督の求心力低下が止まらない

  10. 10

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る