日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

成宮寛貴にトドメか “激ヤバ写真&セクハラ被害”噴出危機

 元俳優の成宮寛貴(34)の芸能界引退の“真相”が徐々に明らかになってきた。直接のきっかけは、写真誌「フライデー」がコカイン吸引疑惑を2週にわたって報じたからだが、どうやら、まだまだ追及“材料”はあったようだ。成宮はそれらが明るみになる前に、自ら引退を決意したとみられている。

 発売中の「週刊文春」によると、文春編集部にも成宮に関する“タレコミ”があったようで、その中身がエグい。〈ドラッグ現物と成宮寛貴が完全に全裸の状態で寝ている画像データ〉〈ドラッグを使ったセックス音声データ〉情報提供者はこれらを100万円で売ろうとしていて、複数のメディアに話を持ち込んでいたという。

「こんなものが公になったら、完全に“俳優人生”は終わりです。それどころか、警察や麻取に徹底マークされることは間違いない。そうなる前に、自分から身を引く形にしたのでしょう。すでに各週刊誌は、上半身裸になって、乱痴気騒ぎする成宮の写真を掲載しています。今後『裏切られた』と思う人物から、写真や動画が流出する可能性は高い」(マスコミ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事