日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

拒絶反応が一転…ジャニーズ「ネットドラマ進出」の背景

 ジャニーズ事務所のグループ「ジャニーズWEST」が、米動画配信大手「ネットフリックス」のオリジナルドラマ「炎の転校生 REBORN」(今冬配信)でメンバー全7人で主演を務めることが発表された。

 そもそもジャニーズ事務所はタレントの肖像権を守り、転写、複写などによる悪用を防ぐなどの目的で、所属タレントの写真をインターネット上にアップせず。それだけではなく、「取材に呼び込みをかけていても、ネット媒体はジャニーズタレントの写真掲載はNGのため、わざわざジャニーズタレントを外して絵づくりする。さらには、雑誌の表紙をジャニーズのタレントが飾った場合、ネットにはそこの部分を黒塗りにして掲載するなど、ネットに拒絶反応を示していた」(ワイドショー芸能デスク)。

 ところが、まさかのネットドラマ進出である。当然、ジャニーズ事務所のタレントがインターネットのオリジナルドラマに出演するのは初。世界190カ国で配信予定だというから、“世界進出”を目指すという見方もあるが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事