• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

主演作ラッシュの菅田将暉が背負う“打倒キムタク”の重責

 俳優の菅田将暉(24)が昨年auのCMソングとして起用された「見たこともない景色」で6月7日にソロCDデビューすることが発表された。

 もともと、映画を中心に俳優業をこなしメキメキ頭角を現してきたが、今年1月に公開された同じ事務所の松坂桃李とダブル主演した「キセキ―あの日のソビト―」がスマッシュヒット。さらには劇中歌を歌いCDデビューを果たしていた。

 今後は主演作が公開ラッシュ。4月には「帝一の國」、11月には又吉直樹の芥川賞受賞作を映画化した「火花」、さらには「あゝ、荒野」も公開。8月には声優初挑戦で広瀬すずと共演したアニメ映画「打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?」、7月公開の人気コミックの実写版「銀魂」にも主要キャストで出演する。

「今年は事務所が“勝負の年”と位置付けている。特に『帝一の國』はキムタク主演の『無限の住人』と同日公開とあって、製作サイドは“打倒キムタク”を掲げ、プロモーションに力を入れている。いずれにせよ、今年はほとんど休みはないのでは」(芸能プロ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る