日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

主演作ラッシュの菅田将暉が背負う“打倒キムタク”の重責

 俳優の菅田将暉(24)が昨年auのCMソングとして起用された「見たこともない景色」で6月7日にソロCDデビューすることが発表された。

 もともと、映画を中心に俳優業をこなしメキメキ頭角を現してきたが、今年1月に公開された同じ事務所の松坂桃李とダブル主演した「キセキ―あの日のソビト―」がスマッシュヒット。さらには劇中歌を歌いCDデビューを果たしていた。

 今後は主演作が公開ラッシュ。4月には「帝一の國」、11月には又吉直樹の芥川賞受賞作を映画化した「火花」、さらには「あゝ、荒野」も公開。8月には声優初挑戦で広瀬すずと共演したアニメ映画「打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?」、7月公開の人気コミックの実写版「銀魂」にも主要キャストで出演する。

「今年は事務所が“勝負の年”と位置付けている。特に『帝一の國』はキムタク主演の『無限の住人』と同日公開とあって、製作サイドは“打倒キムタク”を掲げ、プロモーションに力を入れている。いずれにせよ、今年はほとんど休みはないのでは」(芸能プロ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事