多ジャンルで活躍 俳優・山崎育三郎“引っ張りだこ”のワケ

公開日:

 ディズニー映画「美女と野獣」の吹き替え、来月6日からは初の冠ラジオ、ニッポン放送「山崎育三郎のI AM 1936」が始まるなど今、あらゆるジャンルで引っ張りダコなのが山崎育三郎(31)。

 今年1月にはフジテレビ系「突然ですが、明日結婚します」、4月からはTBS系「あなたのことはそれほど」に出演。単にドラマ俳優だと思っている視聴者も少なくないだろうが、もともとはミュージカル俳優で、12歳から舞台に立ち、音大、海外留学も経験している本格派だ。

 定評ある歌唱力と甘いマスクで12年にはミュージカル界のイケメン3人ユニット「StarS(スターズ)」を結成。プライベートでは09年に神田沙也加との交際が報道され、11年にはミュージカル「嵐が丘」の共演をきっかけに安倍なつみ(35)と交際。4年の交際期間を経て15年12月に結婚、翌年7月に男児が誕生している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る