ドラマ不発続く松嶋菜々子 反町隆史との“夫婦格差”逆転か

公開日: 更新日:

 15日、16日の2夜連続で放送された女優の松嶋菜々子(43)主演のフジテレビ系ドラマ「山崎豊子ドラマスペシャル 女の勲章」の平均視聴率だが、15日の第1夜が8.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)、16日の第2夜が6.2%という数字に終わり、フジや松嶋の関係者が頭を抱えている。

 同ドラマは「白い巨塔」「不毛地帯」などで知られる山崎豊子さんの同名小説が原作。松嶋演じる、大阪の問屋の家で生まれ育った主人公が洋裁学校を始め、デザイナーとして東京、そして世界へと羽ばたく物語だった。

「フジとしてはかなり力の入った作品だけに、この数字は寂しい限り。松嶋といえば、かつては月9の主演ドラマ『やまとなでしこ』が大ヒット。フジにとっての“功労者”だけに、もっと事前のPRに力を入れるべきだったのではという声も上がっている」(フジ関係者)

 松嶋は01年にドラマ「GTO」で共演した俳優の反町隆史(43)と結婚。“世紀のカップル”ともてはやされ、今や2児のママに。結婚後も11年の主演ドラマ「家政婦のミタ」が大ヒットするなど、「役者としての“格”は常に松嶋が反町より上で、収入面でも松嶋が一家の大黒柱です」(芸能プロ関係者)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    西勇輝は“天敵”岡田新体制に未練なし!史上初「阪神→巨人」FA移籍選手誕生カウントダウン

    西勇輝は“天敵”岡田新体制に未練なし!史上初「阪神→巨人」FA移籍選手誕生カウントダウン

  2. 2
    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

  3. 3
    新庄日ハムの大黒柱・近藤健介 FA権行使濃厚も本命ロッテはお家騒動真っただ中

    新庄日ハムの大黒柱・近藤健介 FA権行使濃厚も本命ロッテはお家騒動真っただ中

  4. 4
    阪神・西勇輝は「性格に難あり」海外FA権取得で今オフ目玉と思いきや“不人気”の声

    阪神・西勇輝は「性格に難あり」海外FA権取得で今オフ目玉と思いきや“不人気”の声

  5. 5
    ホラン千秋と新井恵理那は局アナ試験“全落ち”…タレント→キャスター“逆パターン”の強み

    ホラン千秋と新井恵理那は局アナ試験“全落ち”…タレント→キャスター“逆パターン”の強み

  1. 6
    「河野vs萩生田」バトル勃発寸前!旧統一教会の解散請求命令めぐり“てんでに”思惑渦巻く

    「河野vs萩生田」バトル勃発寸前!旧統一教会の解散請求命令めぐり“てんでに”思惑渦巻く

  2. 7
    婚約中に殉職した米警官が「最高の遺産」を…ホームレスの人たちから広がった助け合いの輪

    婚約中に殉職した米警官が「最高の遺産」を…ホームレスの人たちから広がった助け合いの輪

  3. 8
    ソフトB藤本監督 “常勝球団”の新指揮官でV奪還ならずも意外に「高評価」のワケ

    ソフトB藤本監督 “常勝球団”の新指揮官でV奪還ならずも意外に「高評価」のワケ

  4. 9
    氷川きよし“事務所社長との確執”にうんざり?「退所&独立」報道に見るキーちゃんの決意

    氷川きよし“事務所社長との確執”にうんざり?「退所&独立」報道に見るキーちゃんの決意

  5. 10
    丘みどりディナーショー“Wブッキング中止”の背景と経緯 超老舗ホテルの杜撰すぎる対応

    丘みどりディナーショー“Wブッキング中止”の背景と経緯 超老舗ホテルの杜撰すぎる対応