借金40億円を完済 坂口杏里の母・良子さんのたくましさ

公開日:  更新日:

 お金に困ってホストから3万円を脅し取ろうとしたとして、恐喝未遂容疑で逮捕された坂口杏里(26)。恐喝というよりはガキのカツアゲ程度の金額、しかも、ホストに要求したという救いようのなさにあんぐり……。

 これで杏里は“ジ・エンド”という空気が充満しているが、4年前に亡くなった母・坂口良子のたくましさをぜひ、見習った方がいい。美人女優として有名だった坂口だが、スキャンダルにまみれ、公の場に姿を現さない時期もあったのだ。

 結婚は86年。坂口は30歳で、当時はバブル真っ盛り。ご多分に漏れず相手は不動産会社役員。時を待たず巨額の申告漏れが発覚し、坂口は「地上げ屋の女房」と書き立てられた。91年、そんな時代に生まれたのが杏里で、お金に苦労して育ったようだ。

 その後、夫の会社は破綻状態になり、坂口名義の自宅が知らない間に担保に入れられ、ついに離婚に至った。その過程で知らない間に連帯保証人にされ、背負わされた金額がなんと40億円にのぼっていることも判明。借金を必死に完済し、プロゴルファーの尾崎健夫と再婚――。大腸がんを患わなければ今も幸せな生活を送っていたはずだ。

 杏里はそんな母・良子を見て育ち、秘めた思いもあるはず。40億円を背負ってもくじけなかった姿を思い出し、なんとしても、立ち直ってほしい……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  5. 5

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    主力組中心か…アジア杯サウジ戦の予想布陣に釜本氏が疑問

もっと見る